賢い絶対に損をしない離婚の方法・疑問や悩みを解決について

損をしない賢い離婚方法

 

やはり、離婚をする上で、どうしても

 

損か得かを考えてしまいますよね?

 

とくに

 

以下の2つはどうしても譲れない!

 

という人が多いのではないでしょうか?

 

 

慰謝料や養育費で損をしたくない

 

お金

 

子供の親権を取られたくない

 

親権

 

 

この2つが、離婚の中で、一番揉める要因になっています

 

それだけ、お互いに譲れない部分だからこそ、最後の最後まで揉める理由になります

 

最初の1つが

 

お金

 

今の世の中、お金が無かったら生活できません、生きていけません

 

特に、離婚をする場合

 

今まで、お互いに協力しあって生活していたのに、離婚すれば、1人で生活していかなければなりません

 

そうなると、どうしても、離婚する時にお金を少しでも取りたい・・・

 

と、思うのは、人間誰しも同じ

 

強欲だとか、お金に執着しているとか、そういうレベルの低い話ではなく

 

生きるために、必死なんですよ

 

これからの、第二の人生を、うまく渡っていくためには、お金が必要になってきますから

 

財産分与、慰謝料、養育費

 

これらの、3つが離婚の時に、お金が発生しますが

 

実は、財産分与よりも、慰謝料よりも

 

養育費のほうが、お金が多く貰えるって知っていましたか?

 

そりゃ、お金持ちの夫と離婚すれば、財産分与のほうが金額が高くなりますが

 

一般のサラリーマンと離婚するケースですと

 

実は、養育費のほうが多く貰える可能性があります

 

子供がいない状態で離婚するのと

 

子供がいる状態で離婚するのとでは、状況が全然違ってきます

 

そのため

 

少しでも多くの養育費を貰う事が、子供と一緒に暮らすためには必要な事です

 

また

 

夫が子供の親権を取った場合、妻から養育費を貰う事もできます

 

多くの場合、妻(女性にお金を請求するのに抵抗がある)という男性もいますが

 

二人の子供なんですから、夫が親権を取ったら、妻も収入があれば養育費を出す事は当然です

 

では

 

どうやって養育費を高く貰う事ができるのか?

 

それは

 

離婚アドバイザーの、梅澤かれんさんの情報なんですが

 

ある事例では、給料14万円の旦那さんから、毎月7万円の養育費を受け取る事に成功した方法を教えてもらいました

 

確かに、「この方法」だと

 

給料14万なのに、養育費毎月7万を受け取る事は、不可能ではないな・・・・

 

というのが、最初の印象でした

 

もちろん、これは、成功した例ですが

 

それでも、この方法を行えば

 

普通よりも、多くの養育費を貰う事は可能でしょうね

 

その方法を考えだした

 

離婚アドバイザーの、梅澤かれんさんが、今回、その情報を紹介するという話しを頂きましたので

 

この場で、紹介させて頂きました

 

妻が夫から養育費を貰う

 

夫が妻から養育費を貰う

 

いずれのケースにも、使えるような方法なので

 

もし、夫が親権を取り、妻に養育費を請求したいな・・・

 

という場合でも、応用は聞くと思いますよ

 

養育費

 

 

 

相手に子供の親権を取られたくない場合

 

慰謝料よりも養育費よりも、子供だけは渡したくない

 

離れたくない・・・

 

そんな、お父さん、お母さんも多いでしょう

 

どちらも、そういう気持ちだからこそ

 

親権に関しては、最後の最後まで話し合いでも決着が付かない事が多い

 

大抵は、お母さんが親権を取るケースが殆どですが

 

お父さんも、親権を取る事は可能です

 

離婚をする時に、どちらが子供を引き取るのか

 

その話し合いが決着がつかない場合

 

離婚調停をしてください

 

離婚調停で、親権を獲得する方法を選択することです

 

だって、話し合いをしても、平行線のままであれば

 

離婚調停で、間に調停員を挟んで、どちらが親権と取るべきか?

 

を判断してもらったほうが、いいと思いませんか?

 

こういう話しをすると

 

でも、もし、相手に親権が渡ったら・・・

 

という、話しをされますが

 

でも、話し合いで、決着が付かないんですよね?

 

離婚調停の判決は、絶対ではありません

 

まず、勘違いをしてほしくないのは

 

離婚調停で、もし、あなたに親権が取れなかったとしても

 

それは強制力はありません

 

不服があれば、調停調書にサインをしなければいいのです

 

そうすれば、また、振り出しに戻ります

 

だったら、調停離婚する意味ないのでは?

 

と思うかもしれませんが

 

第三者が間に入る事で、話しがスムーズに流れるんですよ

 

そうすると、自分よりも、相手が親権を取ったほうが子供の為になるかも・・・

 

という気持ちも生まれますし

 

調停離婚で、あなたに、親権が取れるという事になれば

 

離婚裁判をしても、あなたが親権を取れる可能性が高いという事になります

 

だからこそ

 

調停離婚で、あなたに有利になるようにしておく事が大切

 

そうすれば、離婚裁判をした時に

 

あなたに、親権が取れる可能性が高くなるんですから

 

では、どうやって

 

弁護士を雇わずに、調停離婚を有利に勧める事ができるのか?

 

この件に関して

 

非常に、心強い人がいます

 

それは、実際に調停離婚を弁護士を雇わずに、自分に有利な判決をするようにできた

 

普通の主婦の、鈴木美智子さん

 

そんな彼女が、弁護士を雇わずに、離婚調停で、親権、慰謝料など自分に有利に進めるポイントを紹介しています

 

普通の主婦が作ったホームページなので、文字が読みにくい部分もあったり(笑い

 

でも、内容はしっかりとしているので、このやり方にそって進めれば、有利になるだろうな

 

という手応えはあります

 

離婚調停で親権を取るためにも、活用したい情報ですね

 

離婚調停を有利にする

 

 

どうしても、離婚調停はせずに、話し合いで親権を取りたい人は、この情報を活用してください

 

離婚解決