アルコール依存症が原因で離婚について

アルコール依存症が原因で離婚のこと

お酒が好きな人は多くいます

 

しかし、その量が間違えば健康を害する事にもつながってきます

 

お酒を過度に飲んで暴力を振るって家族が怪我をした等があれば離婚の理由になります

 

しかし、暴力はない場合はアルコール依存症は病気になっていますから

 

それだけでは離婚の理由にはなりません

 

ただし、アルコール依存症によって夫婦関係が修復できないまでに壊されているようでしたら離婚が認められる事もあります

 

ケース・バイ・ケースになってきますので、一度専門家に相談したほうがいいでしょう

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

アルコール依存症が原因で離婚関連エントリー