ケチな性格が嫌になって離婚について

ケチな性格が嫌になって離婚のこと

結婚生活はなにかとお金がかかるものです、お金を節約するのは大事ですが、あまり行き過ぎてしまうと生活しずらくなってしまいます

 

買い物を制限されて自分の買い物ができない、同僚と飲みにいけない等があればストレスも溜まってきます

 

ケチの度合いが病的なまでのものでしたら、離婚理由になります

 

しかし、相手のケチの度合いを証明できないとちょっと苦しいですね

 

ケチなのか倹約家なのかを第三者にもわかりやすく証明するのは難しいものです

 

夫婦でお金の使い方を話し合って、それでも解決しない場合は離婚を切り出すのがいいでしょう

 

相手が納得できない場合は、専門家に相談する事で、これからどういう対応をすればいいのかアドバイスしてくれます

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

ケチな性格が嫌になって離婚関連エントリー