浮気(不貞行為)による離婚について

浮気(不貞行為)による離婚のこと

結婚前は浮気は絶対にしない!裏切らない!と言っていたのに、パートナーが浮気をしてしまう

 

離婚の原因でよくあるケースです

 

浮気はパートナーに対する裏切り行為そのものです、どんな理由があろうと許される事ではありません

 

この浮気を理由に離婚をしようとすると、「疑い」だけでは離婚理由にはなりません

 

決定的な「証拠」がなければ離婚は成立しません

 

決定的なな証拠は、二人でホテルに入る所の写真やメール等の記録

 

本人が認めた書面や音声等

 

確実に、相手に離婚の原因があることを証明することで、有利に離婚を進められます

 

有利とはつまり、慰謝料です

 

相手が離婚の原因を作ったのでれば、慰謝料が請求できますので焦らずに証拠集めをしましょう

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

浮気(不貞行為)による離婚関連エントリー