国際結婚を解消するにはどうすればいい?について

国際結婚を解消するにはどうすればいいのか?

日本の女性でも海外の男性と結婚するケースが増えています

 

しかし、文化の違い、価値観の違いによって離婚するケースも増加しています

 

考えてみれば当然の事ですね

 

国によって文化の違いや教育の違いがありますから、24時間一緒に生活するとどうしてもその価値観や文化の違いによってお互いがすれ違いになってしまい

 

情熱的だった恋も冷めてしまう事でしょう

 

国際結婚を解消をするには、国の法律に従う必要があります

 

例えば、日本では離婚できたけど、相手の国では離婚できず書類上は結婚している状態になります

 

のちのち、トラブルの原因となる可能性もあるので相手の国でも離婚手続きはしたほうがいいでしょう

 

アメリカなどの先進国では離婚についてお互いが納得していて離婚届けにサインすれば離婚が認められますが

 

宗教を重んじる国では離婚そのものを認めない国もあります

 

また、国際結婚のデメリットとして、慰謝料や養育費の請求が出来ない場合があります

 

なぜなら、相手が国に帰国してしまうと日本の法律では難しくなるのです

 

相手の国にいって法的に慰謝料や養育費を払うようにしなければなりません

 

国際結婚は簡単ですが、離婚となると色々な弊害が多いのです

 

子供がいる場合も複雑

 

相手が子供を連れて日本から出て行ってしまえば、どうする事もできなくなってしまいます

 

国際結婚の離婚は日本での離婚よりも複雑で難しいと思って下さい

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

国際結婚を解消するにはどうすればいい?関連エントリー

離婚の成立は離婚届けが受理された時からです
双方の合意がなければ離婚は成立しない
別居から離婚までの期間
離婚の理由が必用な時と不要な時
離婚の原因をつくった側は不利
慰謝料などは個々によって違ってきます
離婚すると今より生活がよくなる?
離婚して困った事
離婚して後悔しない?
第三者の意見を聞いてみる
離婚をするために問題を残さないようにする
突然、相手から離婚を言われたら
気持ちを整理して離婚を受け止めるべき?
財産の処分を阻止しましょう
離婚が成立するまでは厳しい道のりです
離婚の種類
家庭裁判所での裁判は段階的に行う
離婚判決が出ても決着しない?
離婚協議では何を話し合う?
協議離婚のポイント
離婚が認められないケース
協議離婚で注意するポイント
重要な事は記録として残す
調停離婚を賢く利用しよう
調停離婚のメリット
調停離婚はどのようにして行われるのか
調停離婚から弁護士に依頼したほうがいいの?
調停離婚は途中で取り下げできる?
調停調書をしっかりとチェック
調停離婚が成立しても離婚届けは出すの?
離婚調停でのトラブルとは?
離婚調停で不利になりそうな時
離婚調停の最中に財産を処分されそうな時
調停調書が守られない場合
離婚調停をしたいけど、相手の住所がわからない場合
家庭裁判所が遠い場合
離婚調停から裁判になるケースは少ない
離婚裁判の判決には異議を申し立てる事ができる
法定で決着をつける、裁判離婚
離婚裁判にかかる費用
離婚裁判の流れ
参与員制度
家庭裁判所の調査員とは?
離婚裁判で判決が出る前に終る場合
裁判の判決が出たらする手続き
判決に不服があれば控訴しましょう
和解離婚で離婚する
認諾離婚
民法が定める離婚事由
どこからが不貞行為とみなされる?
不貞行為の証拠
悪意の遺棄
悪意の遺棄はケースバイケースで決まる
夫・妻の所在も生死もわからない場合
失踪宣言で離婚
妻・夫が強度の精神病で離婚
離婚原因になる精神疾患一覧
婚姻を継続しがたい重大な事由
別居をして冷却期間をもつ
別居する時の注意点
弁護士はどうやって探す
弁護士を選ぶポイント
弁護士費用の相場
離婚後の戸籍と姓はどうなる?
戸籍から離婚歴を消す方法
離婚後の姓の選択は慎重にしましょう
内縁関係に離婚届けは不要です
重婚的内縁関係
子供がいる内縁関係の場合
離婚したらいつ再婚できる?
DV(ドメスティックバイオレンス)とみなされる事