調停離婚から弁護士に依頼したほうがいいの?について

調停離婚から弁護士に依頼したほうがいいのか?

家庭裁判所で行う、というだけで

 

多くの人は

 

弁護士費用が・・・・

 

と考える人が多いですね〜

 

確かに、裁判所と聞くと、弁護士という発想がついてくる

 

でも、これは、犯罪を裁く裁判ではないんですよ?

 

離婚をするかどうかの話し合いなので

 

結局は、お互いが納得するか、しないか

 

それだけ

 

そのため、調停離婚の場合は弁護士は基本的に必用ありません

 

弁護士が必用になってくるのは離婚裁判になった場合ですね

 

離婚裁判は、裁判官がいるので、お互いの主張を聞く必要があり

 

「法律に基づいて」、判決を下さすので

 

弁護士が必要なんです

 

でも

 

調停離婚の場合は、それほど法律は関係ありません

 

お互いが納得したら、離婚が成立しますから

 

離婚調停のケースであれば弁護士は必要ないんです

 

理由としては

 

家庭裁判所の中で、調停員に間に入ってもらって話し合いをして

 

その話しを聞いた調停員が、このケースの場合は

 

養育費はいくらで、親権がどうたらでとアドバイスをしてくれますので

 

話がまとまりやすくなるんです

 

夫婦2人で話すと、話しがややこしくなるでしょ?

 

そこで、法律の知識もある調停員が間に入る事で、常識的な和解案を提案してくれると思ってください

 

つまり、調停員に離婚の条件を話す事で

 

調停員が、話しの落とし所を見つけてくれるので

 

調停離婚は基本的に弁護士を雇う必用はないんです

 

しかし

 

場合によっては弁護士に依頼したほうがいい場合があります

 

どういう場合かと言うと

 

・相手側が弁護士を依頼している場合

 

相手が弁護士を雇っている場合はこちらも弁護士に依頼したほうが心強いで

 

・巨額の財産がある場合

 

多くの財産がある場合は弁護士を依頼すると、正当な財産分与ができます

 

・調停離婚で決着がつかない場合

 

調停離婚で決着がつかないと離婚裁判になりますので

 

弁護士に依頼することになるので、最初から依頼しておくといいでしょう

 

以上のような状況になっている場合は弁護士に相談してみるといいでしょう

 

ですが、一般人の人で調停離婚から弁護士に依頼する人は少ないです

 

お金持ちの社長さんとか、芸能人クラスなら弁護士を最初から雇うかもしれませんが

 

多くの場合は、調停離婚では弁護士をつけずに行うケースがありますし

 

弁護士をつけなくても、問題ありません

 

弁護士をつけなくても離婚調停を有利に進める情報があります

 

多くの人は弁護士を付けたほうが安心する、有利になるのでは?と思っているから

 

弁護士を雇おうかな・・・と思っていますが

 

最初に書いたように、調停離婚は弁護士がいなくても問題ありません

 

しかし、「調停員」がいますから

 

ある程度の、対策が必用になるんですよ

 

だって、調停員がお互いの話しを聞いて折り合いを付けてくれるわけですから、その調停員が自分に有利な条件で折り合いを付けてくれたら?

 

それが、調停離婚を有利に進めるポイントなんです

 

その、有利に進めるポイントを、的確にまとめた人がいます

 

かなり具体的で実践的な方法が書かれていますので、絶対に有利な条件で調停離婚をしたい場合は購入してみてください

 

相談して来た人に勧めた所、お金が無かったので弁護士を雇わず、自分の力だけで養育費、慰謝料、財産分与など納得できる条件で離婚しています

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

 

 

 

 

調停離婚から弁護士に依頼したほうがいいの?関連エントリー

離婚の成立は離婚届けが受理された時からです
双方の合意がなければ離婚は成立しない
別居から離婚までの期間
離婚の理由が必用な時と不要な時
離婚の原因をつくった側は不利
慰謝料などは個々によって違ってきます
離婚すると今より生活がよくなる?
離婚して困った事
離婚して後悔しない?
第三者の意見を聞いてみる
離婚をするために問題を残さないようにする
突然、相手から離婚を言われたら
気持ちを整理して離婚を受け止めるべき?
財産の処分を阻止しましょう
離婚が成立するまでは厳しい道のりです
離婚の種類
家庭裁判所での裁判は段階的に行う
離婚判決が出ても決着しない?
離婚協議では何を話し合う?
協議離婚のポイント
離婚が認められないケース
協議離婚で注意するポイント
重要な事は記録として残す
調停離婚を賢く利用しよう
調停離婚のメリット
調停離婚はどのようにして行われるのか
調停離婚は途中で取り下げできる?
調停調書をしっかりとチェック
調停離婚が成立しても離婚届けは出すの?
離婚調停でのトラブルとは?
離婚調停で不利になりそうな時
離婚調停の最中に財産を処分されそうな時
調停調書が守られない場合
離婚調停をしたいけど、相手の住所がわからない場合
家庭裁判所が遠い場合
離婚調停から裁判になるケースは少ない
離婚裁判の判決には異議を申し立てる事ができる
法定で決着をつける、裁判離婚
離婚裁判にかかる費用
離婚裁判の流れ
参与員制度
家庭裁判所の調査員とは?
離婚裁判で判決が出る前に終る場合
裁判の判決が出たらする手続き
判決に不服があれば控訴しましょう
和解離婚で離婚する
認諾離婚
民法が定める離婚事由
どこからが不貞行為とみなされる?
不貞行為の証拠
悪意の遺棄
悪意の遺棄はケースバイケースで決まる
夫・妻の所在も生死もわからない場合
失踪宣言で離婚
妻・夫が強度の精神病で離婚
離婚原因になる精神疾患一覧
婚姻を継続しがたい重大な事由
別居をして冷却期間をもつ
別居する時の注意点
弁護士はどうやって探す
弁護士を選ぶポイント
弁護士費用の相場
離婚後の戸籍と姓はどうなる?
戸籍から離婚歴を消す方法
離婚後の姓の選択は慎重にしましょう
国際結婚を解消するにはどうすればいい?
内縁関係に離婚届けは不要です
重婚的内縁関係
子供がいる内縁関係の場合
離婚したらいつ再婚できる?
DV(ドメスティックバイオレンス)とみなされる事