別居中の生活費の請求方法について

別居中の生活費の請求方法のこと

離婚する前に別居をする事が多いですが

 

実は

 

別居中の生活費は請求しないと貰えません

 

別居をしているあなたが、請求しなければ生活費を相手が払う必要はないのです

 

つまり、相手に請求した時点から相手にには払う義務が生まれます

 

この時重要なのが、相手に請求した事実を残しておくことです

 

なぜなら、相手が話しを聞いていないなどと言い逃れる事があるからです

 

相手に請求する場合は内容証明郵便を使うといいでしょう

 

内容証明郵便は、いつ誰が、どのような内容で手紙を出したのかを証明してくれますから

 

受け取ってないとか、内容は生活費とは違う内容だったという言い逃れを出来なくする事ができます

 

そのため、証拠としてはかなり有利になりますよ

 

このようは方法で、生活費を請求しても

 

相手が、生活費を振り込まない場合は家庭裁判所に婚姻費用分担請求の調停を申し込みます

 

一般的には離婚調停と一緒に請求するのが多いです

 

生活費の請求と、離婚を一緒にするという感じですね

 

一緒にやったほうが、手間も省けて短期間で離婚と生活費を請求する事ができるでしょう

 

すぐに生活費が必用な場合

 

働いておらず、生活費をすぐに貰わないと生活が出来ないという場合はどうすればいいのか?

 

まず

 

調停の申し立ての時に上申書を提出することです

 

そうする事で、調停委員が事実関係を調査して、早急に生活費が必用と判断した場合は支払い勧告、命令が下されます

 

これに従わないと10万円以下の罰金があります

 

生活費を確実に貰いたい場合

 

生活費を請求しても、払ってもらえない場合の事を考えて、確実に貰う方法はあるのでしょうか?

 

それには、仮払いの仮処分を申し立てる事で確実性を高めてくれます

 

そして、相手がこれ応じない場合は家庭裁判所の履行勧告、履行命令を利用して請求する事もできます

 

さらに、相手の財産を差し押さえる仮処分を申請する方法もあります

 

このように、色々とやっても生活費を払ってもらえない場合は

 

最終的には、相手の財産などを差し押さえる事ができるようになります

 

相手も、差し押さえとなると嫌でも払う事になるでしょうね

 

以上のような事をやって、最後に差し押さえという流れになりますね

 

この事を相手にも伝える事で、生活費を確実に貰う事ができるでしょう

 

法律を味方につける事で自分に有利に進める事ができます

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

別居中の生活費の請求方法関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?