離婚した後も扶養してもらえる?について

離婚した後も扶養してもらえるのか?

不景気の現在、離婚しても仕事が見つからず生活保護などを受けて生活している

 

シングルマザーも多くいます

 

夫婦が離婚した後でどちらかが経済的に苦しい場合は

 

収入の多い人から少ない人に財産分与の名目で離婚後の生活を援助してもらう事ができるんですよ

 

これを、扶養的財産分与、または離婚後扶養といいます

 

しかし、多くの人はこの事を知りません

 

今までは専業主婦だった妻が離婚したら、経済的に苦しくなるのは誰の目から見ても明らかです

 

そこで、しばらくの間は夫が元妻を経済的に援助するのは自然な事だと思います

 

また、子供の親権を妻が持っている場合は養育費として毎月払うのは当然です

 

扶養的財産分与の金額や期間に法的な基準はありません

 

そこはお互いの話し合いや、助け合いにかかっています

 

どうしても相手が、お金を出すのを嫌がった場合は家庭裁判所に調停を申し込むことになります

 

扶養的財産分与が認められるケース

 

・専業主婦だったのでいきなり自立するのは難しい

 

・子供が小さく、働きにいけない

 

・高齢、病気がある場合

 

・財産分与で受け取る金額が少なく、生活が苦しい場合

 

扶養的財産分与が認められないケース

 

・請求する側に十分な貯金がある場合

 

 

以上の事が、扶養的財産分与が認められるケースと認められないケースです

 

しかし、離婚した場合

 

相手に頼りたくない、援助したくないという気持ちが出てきてしまう事も珍しくありません

 

そのため、扶養的財産分与はあまり請求するケースが少ないのが現状です

 

その場合は、財産分与や慰謝料・養育費をしっかりと請求して

 

それで少しの間でも生活ができるようにして、その間に仕事を探したりするといいでしょう

 

今の日本では、シングルマザーやシングルパパは非常に厳しい状況にあります

 

なぜなら、子供を預ける施設が不足している

 

また、施設が5時で終わる場合が多いのでそれまで仕事を終わらせて迎えにいかないと駄目ですから

 

勤務時間の制限があったり、残業ができない

 

このような事からシングルとわかった段階で面接を落とされてしまう事も珍しくありません

 

シングルに対する風当たりが強いのも、離婚を躊躇わせる原因になっています

 

そして、選挙にいってシングルの親達を応援している人を当選させてどんどん施設やセーフティーネットを作ってもらう事が大切なのかもしれません

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚した後も扶養してもらえる?関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?