扶養的財産分与の方法について

扶養的財産分与の方法のこと

離婚した相手が、生活苦になりそれを助けるという意味でも扶養的財産分与は大切になります

 

では、扶養的財産分与としてもらうお金はどのようにわけられるのか?

 

それを簡単に説明していきます

 

扶養的財産分与の方法は色々あります

 

財産分与を増額する方法

 

別れた妻が自立するまでどのくらいの期間が必要なのか?

 

それをある程度、予想してその間の生活費をいつもの財産分与にプラスするという方法になります

 

最初の財産分与にそのお金も入っているので、後からもらえないというトラブルをさける事ができます

 

かなり一般的になっている方法ですね

 

この方法だと毎月振り込む必用もないので、相手側の手間もなくなります

 

毎月一定の金額を振り込む

 

話し合いで決めた金額を毎月振り込む方法です

 

例えば就職するまでの1年間の間だけ振り込むなどです

 

金額については、相手の給与にもよります

 

相手の給料が少ない場合は月に3万〜5万ぐらいが相場ですかね

 

給料が多い場合は月に10万〜という感じになります

 

しかし、この方法ですと途中で相手が振り込まなくなるケースが多いです

 

そのため後でトラブルになる事も・・・そして生活が出来なくなりヤミ金からお金を借りたりなどになってしまう人もいます

 

ですから、このように決めた場合は、公正証書にその内容をしっかりと記載しましょう

 

そうする事で、万が一 振り込まれない場合でも相手の給料を差し押さえる事ができますから

 

金銭以外で払う方法

 

夫にも金銭的な余裕がない場合は、光熱費を肩代わりする、食料を毎月一定の量を支給するなどです

 

これは、話し合いでお互いが納得できれば何でも大丈夫です

 

いくら離婚して離ればなれになるといっても一時は愛し合った二人ですから助け合いも必用なのではないでしょうか

 

相手の助けはいらない、離婚した相手の生活費を払いたくない

 

そんな気持ちになる事は理解できます

 

しかし、1度は結婚をして仲なわけですからせめて相手の生活が落ち着く数ヶ月〜1年ぐらいは援助してもいいのではないかなと思います

 

また、不景気の現在 夫にも余裕がなく、相手の生活まで面倒見切れない

 

そんなケースもあるでしょう

 

その時は、光熱費だけでも払うといった事でもいいのではないでしょうか

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

扶養的財産分与の方法関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?