慰謝料の相場の金額について

慰謝料の相場の金額のこと

離婚して相手に慰謝料を請求する場合、どのくらいの金額が相場なのか?

 

どれくらいの金額を請求すればいいのか?

 

迷ってしまいますよね

 

まず、慰謝料の金額には上限がありません

 

有名人ともなれば慰謝料が1億とか貰えるようですが、一般人の私達にはそのような1億などの慰謝料はもらえません

 

では、一般人の場合の慰謝料はどのくらいが平均、相場なのか?

 

それを客観的に知るために

 

離婚裁判での過去の慰謝料の平均を見てみましょう

 

不貞行為(浮気)、暴力での慰謝料は「300万〜500万」

 

離婚を継続しがたい重大な事由での場合は「50万〜200万」

 

性行為の拒否の場合は「0円〜100万」

 

突然離婚を言い渡された場合は「0円〜100万」

 

その内容によって大きく金額が変わってきますのでハッキリとはいえません

 

高いか安いかは人それぞれです

 

慰謝料の金額を決める基準

 

・苦痛を受けていた期間や回数

 

・責任の大きさ

 

・結婚期間の長さ

 

・性別や年齢

 

・社会的地位

 

・経済能力

 

・子供が有無

 

これらの離婚裁判での慰謝料の基準はこれらの要素が複雑にからんできます

 

人によっては、裁判で決められた慰謝料の金額に納得できない人もいるかもしれません

 

裁判の内容に異議を申し立てる事もできますが、あまり欲張らずに冷静に判断する事も大切です

 

精神的な苦痛は、第三者にはわかりにくい部分なのでどうしても納得できない慰謝料になる事が多いです

 

暴力や浮気などは第三者にもハッキリわかる原因ですから

 

それなりに慰謝料が高いです、平均で「300万〜500万」になります

 

その他の離婚原因だと、50万〜100万ぐらいがいいところでしょう

 

50万じゃ、受けた精神的な苦痛に割に合わない

 

と思いますが、先程も書いたように精神的苦痛は第三者にはわかりにくいのでこのくらいの金額になる事が多いです

 

どうしても納得出来ない場合は、相手と話し合って慰謝料の金額を決めてください

 

家庭裁判所だとこのような金額になる事が多いという事ですので

 

当事者どうしが話し合って決めれば、例えば300万とかでも問題なく

 

また、離婚調停でも慰謝料についてもこのような金額になる事が多いです

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

慰謝料の相場の金額関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?