浮気相手に慰謝料を請求について

浮気相手に慰謝料を請求をする

離婚の原因が相手の浮気だった場合、その浮気相手にも慰謝料を請求する事ができます

 

これは当然ですよね、結婚していると知っていながら家庭を壊す事をやったのですから

 

若い人ですと、気持ちが高ぶってしまい、慰謝料の事など頭になく結婚していると知っていながら肉体関係をもってしまう人も多いです

 

今の人達は、慰謝料を請求されるという事を考えないで既婚者と浮気する相手が多すぎます

 

慰謝料を請求されて始めて事の大きさを知る事があります

 

しかし、相手に慰謝料を請求するためには条件が必要になります

 

それは、浮気相手が既婚者と知っていてセックス(肉体関係)を持った場合です

 

知っていて肉体関係を持ったのであれば慰謝料を請求する事はできますが、知らずに肉体関係を持った場合は慰謝料を請求する事はできません

 

浮気相手が既婚者だと知っていたと自白させて、それを録音や書類で残しておけばそれが証拠になります

 

メールも証拠になります

 

相手にしっかりと慰謝料を請求するためには証拠を集めましょう

 

浮気相手に対して慰謝料を請求しない人も多いですが、ここはしっかりと責任を取ってもらう事が大切です

 

浮気相手とホテルに入る写真、もしくは、浮気相手が結婚をしていると知っているという証拠

 

例えば、メールに旦那はいつ帰ってくる?バレてない?

 

などの明らかに結婚を知っている内容であれば、それも証拠になります

 

このように最初は辛いかもしれませんが、地道に証拠を集めて相手が言い逃げできないように外堀を埋めていきましょう

 

相手が言い逃げできないくらい証拠を集めたら、相手と話し合い慰謝料を請求します

 

だいたい、相手の1年の年収と同じぐらい請求するといいでしょう

 

家庭裁判所では、浮気相手の慰謝料はだいたい、300万以内が多いです

 

だいたい、普通のサラリーマンの1年の年収ですよね

 

ですから、相手の年収を慰謝料として請求するのが妥当でしょう

 

もちろん、できるだけ多く払ってもらいたいという気持ちはわかりますが

 

あまりにも多くの慰謝料を請求すると、最初から相手は払う意思が出なくなります

 

ギリギリ頑張れば払えるかな、と思えるぐらいの金額がいいでしょう

 

しかも、年収分ですから相手にとっても楽ではないですよね?

 

家庭裁判で争っても、300万以内なので、だったら最初から年収分を請求したほうが利口ですよ

 

しっかりと証拠を集めましょう

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

浮気相手に慰謝料を請求関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?