合意分割と3号分割について

年金の合意分割と3号分割のこと

夫の年金は離婚をすれば財産分与としての権利が認められます

 

つまり、夫の年金も財産分与として一生もらっていける事になります

 

これにより離婚後の生活が安定してきますから熟年離婚が増えている理由になっています

 

財産分与は貯金やアパートなど皆が知ってるような事もそうですが、年金もその1つになります

 

熟年離婚をする場合、この年金の財産分与で生活をしている女性もいます

 

夫が定年退職を期に離婚する場合、年金や退職金も財産分与になります

 

この時に重要なので、割合ですよね?

 

いくら年金も財産分与として認められて、もらえるといっても

 

結婚してから離婚するまでの間の年金のお金がもらえる金額になります

 

例えば、夫が年金を払い始めた頃に結婚して60歳で離婚した場合は

 

半分もらえます

 

しかし、夫が40歳の時に結婚して60歳で離婚した場合は

 

3分1ぐらいしかもらえません

 

つまり、結婚していた期間の長さが重要になってきます

 

ここで、年金の分割の割合は2008年の4月から大きく変わった事をご存知ですか?

 

年金の3号分割という制度が始まったのです

 

この聞きなれない、年金の3号分割を簡単に説明しますと

 

夫と年金の受け取り金額を話す必要もなく、自動的に夫の厚生年金または共済年金の2分の一を受け取る事ができます

 

今までは、年金の合意分割といって話し合いで決める必要があったのです

 

そのため、お互いお金の条件を譲る事ができませんから家庭裁判所に調停を申し立てる事が多かったのです

 

しかし、2008年の4月より始まった年金の3号分割により話し合いをしなくても、自動的に2分の一を受け取る事ができるようになったのです

 

この制度により熟年離婚が増えたとも言われています

 

話し合いをする必要もなく法律で、2分の1を受け取る事ができるので

 

離婚がしやすくなりました

 

今までは年金の割合で揉めてしまい、相手も年金は少しでも渡したくないと思っていますから

 

泥沼化して離婚まで長時間の戦いになる事が多かったです

 

しかし、3号分割が出来た事で話し合い無しでも年金をわける事ができますから

 

夫が年金をもらえる年齡の時に離婚した場合は、年金の2分の1は確実にもらえます

 

息が詰まるような話し合いをしなくてもいいのです

 

この、3号分割が正式に施行された時から今まで我慢してきた結婚生活にピリオドを打つ夫婦が増えています

 

妻にとっては、3号分割は非常にありがたい法律ですね

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

年金の合意分割と3号分割関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?