離婚でもめる原因の1位がお金について

離婚でもめる原因の1位がお金のこと

離婚に向けての話し合いで一番、話し合いが難航するのがお金に関する事です

 

まぁ、どちらもお金が無いと生活できないし、離婚する相手にお金を渡したくないと考えるのが普通ですから

 

離婚で問題になるのが、お金と親権です

 

この2つの問題があり、なかなか離婚できないというケースが多いですね

 

夫婦ともに欲が無い場合は、それほどもめる事もなく解決するのですが

 

1円でも多く受け取りたいと思っている相手ですと、お金の解決には時間がかかります

 

いくら離婚したいからといって、妥協してしまうと、その後の生活が苦しくなってきます

 

そのため、どうしても話し合いで解決できない場合は、法律の力をかりて解決していきましょう

 

離婚調停を考えるもの有りです

 

正当なお金を受け取るには、夫婦共有の財産がどれだけあるのかを把握しておかなければなりません

 

しっかりと、相手の銀行通帳のコピーをとっておくといいでしょう

 

また、離婚後にも財産分与の請求が可能です

 

家庭裁判所に申し立てれば慰謝料や財産分与の請求ができます

 

しかし、時効があります

 

慰謝料は離婚後から3年 財産分与は2年です

 

この期間中にしっかりと請求するようにしてください

 

できれば、離婚する時に全て解決している事が一番理想的なんですが

 

とにかく早く離婚したい場合は、最初に離婚をしておいて後で請求するという方法もありますが

 

離婚する時に、慰謝料や財産分与はいらないという内容の署名をしてしまうと後で不利になりますから気をつけてください

 

離婚裁判をしなくても金銭面も解決できる方法としては、先程も書いた

 

離婚調停をする事です

 

第三者が中に入って、妥協案を示してくれますから離婚の決着が早いです

 

しかし、離婚調停の経験が無い人が殆どですから、不安があり踏み出せないという人もいるでしょう

 

離婚調停は弁護士をつけなくても、することが可能です

 

しかし、ある程度は知識を付ける必要があります

 

なぜなら、相手が離婚調停に詳しかったり、弁護士を雇った場合はどうしても不利になります

 

ですが、離婚裁判と違ってそこまで高度な知識が必要になるわけではないです

 

実践的な離婚調停の知識を身につけることで、相手が弁護士を雇ったとしても有利に話しを進める事ができます

 

その時に読んで欲しいのが、こちらの情報です

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

離婚のエキスパートが惜しげも無く情報を提供しているので、離婚調停を有利にする事ができるでしょう

 

有利に進める事ができるという事は、慰謝料や財産分与もしっかりと貰う事ができるという事です

 

離婚調停を考えている人は読んでください

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚でもめる原因の1位がお金関連エントリー

離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?