離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない事について

離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できないこと

結婚中に作ってしまった借金も財産分与に含まれます

 

そのため、夫婦のどちらかが借りた借金は、離婚しても連帯責任があるため

 

離婚しても二人で返済する義務があります
(ただし、ギャンブルで作った借金は妻が返済する義務はありません)

 

返済する義務が生じるのは、生活のために作った借金の場合です

 

借金も財産分与になります

 

また、連帯保証人はたとえ借金の原因がギャンブルだとしても返済する義務があります

 

連帯保証人は債務者と同じ責任があることを認識しましょう

 

多額の借金の連帯保証人はたとえ夫婦でも、あまりお勧めできません

 

離婚した際に苦労してしまうことに・・・・

 

しかし、結婚中は頼まれれば連帯保証人になってしまう事はよくあります

 

その時はまさか、離婚するとは思ってもいませんから夫の保証人になる事もあるでしょう

 

例え家族でもなってはいけないのが、連帯保証人です

 

連帯保証人になったばかりに人生が大きく崩れてしまったという人が多くいます

 

しかし、なってしまったものはしょうがありませんが

 

離婚した後も、連帯保証人としての効力は消えません

 

そのため、離婚しても別れた相手との連絡が切れないという人もいますね

 

離婚しても、結婚中に作った借金は半分して返していかなければなりませんし

 

夫の連帯保証人になった場合も、離婚しても法的には連帯保証人としての効力は残っています

 

結婚する時はまさか離婚するとは考えていないので、連帯保証人や夫のためにと借金をする事もあるでしょう

 

しかし、離婚してもその借金や連帯保証人も引き継ぐと思ってください

 

金の切れ目が縁の切れ目といいますが

 

離婚しても切れないのが、借金なんです

 

今現在、離婚の原因の多くが「金銭的な問題」で離婚しています

 

お金がないと、家庭の雰囲気が凄く重くなりますよね、また、精神的にもトゲトゲしくなってくるので

 

喧嘩が絶えない家庭になってくるのです

 

今月の支払いの事を考え、生活もギリギリまで切り詰め、そしてお互いにストレスをぶつけあうように喧嘩

 

これでは、結婚生活が嫌になり離婚してしまうケースが多いのです

 

特に今は不景気で給料も安く、多くの夫婦がギリギリの生活をしています

 

結婚当初はいいのですが、時間が経つにつれて不満が出てきます

 

その時に、お互いが支え合えるかどうかが重要な気がします

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?