財産分与・慰謝料の支払いの注意点について

財産分与・慰謝料の支払いの注意点のこと

離婚する時に財産分与や慰謝料の金額を話し合うと思います

 

その話し合った結論が決まったら、今度は支払い方法について話し合う必用があります

 

受け取る方としては一括で貰いたいところですが、金額が高額になればなるほど、分割による支払いになる事が多くなります

 

その場合は、支払い回数と、支払い期間をしっかりと話し合いましょう

 

分割払いにする際に注意したいのが、約束通りに支払ってくれない事でしょう

 

最初は必ず払うと約束しても、途中で離婚した相手に慰謝料や財産分与をするのが嫌になり支払いをしなくなるケースは多いです

 

年々、未払いが増えてきて、それを相談してくる人も多くなっていますね

 

そこで、このような未払いの時に備えて、協議内容をすべて文章に残す事が非常に大切になります

 

文章として証拠を残しておけば、未払いがあっても裁判所に調停を申し立てれば給料の差し押さえも可能です

 

相手も支払わないと給料を差し押さえられるとわかっていると、払わないという事がなくなります

 

払わないと給料を差し押さえられるわけですからね

 

これが、相手にプレッシャーとなり毎月、しっかりと払うようになるのです

 

特に大きな金額となる、財産分与や慰謝料の時は必ず「公正証書」に書くようにしましょう

 

→ 話し合いの内容を残すなら公正証書が安心です

 

この、公正証書は法的な力があるので、給与差し押さえをする力もあります

 

すごく効力が強いんですよ

 

どんな些細な約束も文章として証拠を残すクセをつけましょう

 

特に、お金が絡む場合は必ず公正証書に書くようにしてください

 

そうしないと、後で未払いになってもどうする事もできず泣き寝入りという状況になりますからね

 

シングルマザーで生活していくためには、養育費を毎月しっかりと払ってもらう必要があるので「公正証書」にしっかりと養育費の金額と支払う日を書くようにしてください

 

そうすれば、万が一、未払いがあっても給与差し押さえができますので

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

財産分与・慰謝料の支払いの注意点関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?