離婚したら子供の相続権はどうなるのでしょうか?

離婚したら子供の相続権はどうなるのか?

財産が多くある夫と離婚した場合

 

相続権の事が気になりますよね?

 

例えば

 

元夫が亡くなった場合、その財産を子供が受け取れるのか?

 

など、子供の将来を考えれば、当然、考えること

 

相続権に関しては

 

離婚したとしても、親子の血縁関係を解消する事はできませんので

 

そのため

 

親が死亡すれば子供は第一順位の相続人になります

 

これは親が再婚しても同じです

 

日本の法律では

 

親の配偶者や子供には相続する権利があります

 

この相続権は、生前に親子の交流があろうが、なかろうが関係ありません

 

そのため、ある日突然、離婚した夫や母親が亡くなり

 

相続の話がくることも、よくある話です

 

ここで注意したいのが

 

相続財産には借金も含まれるという事

 

という事は

 

家のローン等の借金も引き継ぐ事になり

 

子供に支払い義務が生じます

 

え〜、それじゃ子供が可哀想・・・

 

と思う親も多いですが、必ず相続しなければならないという訳ではない

 

相続する事でマイナスになると判断した場合は

 

相続を放棄する事ができます

 

注意:相続を破棄する場合は、相続を知った時から3ヶ月以内に手続きをしないと相続を承認した事になり、その後は相続破棄ができなくなります

 

そのため、3ヶ月以内に放棄しないと、借金までも相続する事になり

 

子供が親の尻拭いをするハメに・・・・

 

離婚して子供に悲しい思いをさせたのに、それに追い打ちをかけるように

 

親の借金を背負わせるのは酷な話し

 

そのため、ちゃんと子供が理解できる年齡になったら

 

3ヶ月以内に放棄するように、伝えてください

 

もちろん、借金よりも、財産のほうが多かったら

 

相続したほうが、得ですよ、もちろん

 

生命保険はどうなる?

 

生命保険の場合は相続放棄しても、受け取る事ができます

 

そのため、生命保険がもらえないから相続破棄が出来ないと勘違いしている人もいますが

 

相続放棄しても、生命保険だけは受け取る事ができますので

 

離婚した母親、父親が亡くなったら

 

その生命保険にかけられた、お金は受け取る事ができますので

 

その辺は安心してください

 

親の中には、離婚したせめてもの償いに

 

大きな生命保険に入って、子供を受取人にしているケースも多いので

 

しっかりと、子供が受け取る事ができますよ

 

簡単にまとめると

 

・財産が少なく、借金が多い場合は、子供に相続放棄を教える

 

・借金が少なく、財産が多い場合は相続させる

 

このようにしましょう

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚したら子供の相続権はどうなる?関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?