共有財産と特有財産の違いについて

共有財産と特有財産の違いのこと

共有財産と特有財産の違いはわかりにくい部分もあるので、この記事ではわかりやすく紹介していきます

 

共有財産

 

  • 現金、預貯金
  • 各種保険
  • 土地、建物などの不動産
  • 株式、国債の有価証券
  • ゴルフの会員権
  • 美術品、骨董品
  • 高価な貴金属
  • 家財道具、電化製品
  • 退職金、年金
  • 自動車
  • 住宅ローンの負債

 

特有財産

 

  • 結婚前から所有していた物全般
  • 結婚後に相続、贈与で得たもの
  • 結婚前の借金
  • 日常的に各自が専用に使うもの
  • (衣類、バック)
  • 別居後に取得したもの

 

 

共有財産と特有財産はこのような物があります、ぜひ参考にしてください

 

簡単に言えば、離婚前に、自分のお金で買った物は全部、特有財産になります

 

しかし、これは入籍前に買った!と言っても説得力はありません

 

そのため、離婚調停や離婚裁判では認められず共有財産になります

 

できれば、領収書など入籍前に買った事を証明する物があればいいのですが

 

多くの場合はそのようなモノはないですね

 

離婚なんてするはずがないと思って結婚するわけですし、独身時代も将来離婚するなんて考えもしないでしょう

 

ですから、多くが共有財産になります

 

しかし、証明できるモノがなくても話し合いで解決できます

 

証拠はあくまでも、離婚調停や離婚裁判の時に必要ですが夫婦の話し合いには必要ありません

 

相手が納得すればいいんですから

 

ですが離婚相手も少しでも生活の足しになるような、車や貴金属、電化製品などは欲しいですから譲らない事が多いです

 

こうなってくると、泥沼化して離婚までの時間が長くなります

 

そのため、どの部分を妥協するか?

 

が重要になります、しかし、どうしても譲れない部分があり離婚が長引いているのであれば

 

離婚調停を起こしてください、調停委員が公平にアドバイスをくれます

 

離婚調停を有利に進めるためにも、実践的な知識を身につけるようにしてください

 

何も知識がない状態で、離婚調停をしてもカモにされるだけです

 

実践的な内容の情報が必要になってきますので、こちらの情報を読んでください

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

 

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

共有財産と特有財産の違い関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?