浮気相手への慰謝料請求の方法について

浮気相手への慰謝料請求の方法のこと

結婚した相手が浮気して離婚した場合

 

その、浮気相手にも慰謝料を請求したいと思うのが当然だと思います

 

しかし、どうやって浮気相手に慰謝料を請求したほうがいいのか?

 

悩むところですよね

 

浮気相手、つまり第三者に慰謝料を請求する場合はまず相手と話し合いをする必要があります

 

しかし、浮気、不倫相手と会いたくないと思うのが心理だと思います

 

そこで、弁護士などを代理人として交渉するのが一番いいのですが、費用がかかってしまうのが難点ですね

 

そこで、内容証明郵便を利用する方法がいいでしょう

 

内容証明には慰謝料を求める内容をかきます

 

相手が慰謝料の支払いを拒否(返事が無い)場合は交渉決裂ということで簡易裁判所に調停を申し立てます

 

相手が配偶者と不倫、浮気をしている証拠があれば確実にこちら側が勝ちます

 

そのため、証拠を揃える必用があります

 

証拠があれば、相手もすんなり慰謝料を払う事を受け入れてくれるでしょう

 

その証拠とは、ラブホテルに入る写真とか、メールとかですね

 

間違いなく、結婚している事を知ってセックスをした事がわかるものがあれば完璧です

 

なぜなら、浮気相手に慰謝料を請求できる条件として、相手が結婚している事を知りながら肉体関係を持った場合のみ 請求できるからです

 

肉体関係がなければ、毎日電話したりメールしたりしても慰謝料を請求する事はできません

 

そのため、相手が結婚を知っていて肉体関係を持ったという証拠が必要なんです

 

確実なのが、ラブホテルに入っていく写真とか、メールで浮気がバレていないかどうかを確認するメールとかが証拠になります

 

それを、コピーして相手に証拠として見せて慰謝料を請求し、断れば裁判をすると言えば多くの場合が慰謝料を払う事に合意するでしょう

 

なぜなら、証拠があるので逃げられないと観念するからでしょう

 

しっかりと浮気相手から慰謝料を取るようにしてください、多くの場合は証拠がないので相手に慰謝料の請求をしないケースが多いです

 

結婚している相手に手を出したらどうなるかという事をしっかりと、教えてあげる必要があります

 

面倒臭がらずに、浮気相手に慰謝料を請求

 

そして、探偵などにかかった費用も相手に請求してください

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

浮気相手への慰謝料請求の方法関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?