財産分与の割合について

財産分与の割合のこと

離婚した時の財産分与は基本的には、50:50が基本です

 

しかし、財産分与の割合は夫婦がお互いに納得すれば自由に決められます

 

ですが、離婚して別々に暮らす二人ですから、少しでも多く貰いたいと思うものです

 

そのため話がまとまらずに、泥沼化してしまう事も少なくありません

 

そのため、離婚調停を起こすケースが増えています

 

家庭裁判所では、財産分与の割合を決める際には寄付度を評価の対象にしています

 

この寄付度というのは、財産の形成にどれだけ役にたったかです

 

つまりこの寄付度が高いと、財産分与でもらえる割合が多くなります

 

この寄付度は収入がある人が多くなるのではなくて、役割分担がしっかりできているか

 

で決まります、そのため妻でも財産分与の2分の一を貰える事も多くなっています

 

つまり、半分ですね

 

もちろん、家事をしながらパートをしていればそれだけ貢献度も高くなりもらえる金額も大きくなります

 

そのため、個々の生活スタイルによって、財産分与の割合は大きく変わってきます

 

夫の言い分としては、妻は家事だけで働いていないんだから50%も財産分与を受けるのはおかしいという主張をする人がいますが

 

家の事や用事を妻がしているから、夫は仕事に集中できるという考えがあります

 

また法律でも、妻の家事に対する貢献度が高いので財産分与でも50%受け取れるようになっているのです

 

夫婦はどちらが偉いという事ではなく、一緒になって頑張って生活していく事となっていますから

 

妻は働いていないんだから、財産分与を受け取るのはおかしいという主張は離婚調停や離婚裁判では通用しません

 

財産分与の貢献度に関しては、例えば、結婚する前に夫が家やマンションを買って頭金を入れてローンを数年間払っていた場合は

 

その分は考慮されて、夫に多めに財産分与が与えられます

 

結婚してから購入した家やマンションなどは基本的には、半分という事になります

 

しかし、財産分与はお金や財産を貰えるだけではありません

 

借金(ローン)も財産分与に当たるので、家やマンションのローンを二人で払っていく必要があります

 

これは離婚した後もそうです

 

例えば、月に10万のローンの支払いなら、5万づつ支払うようになります

 

多くの場合、若い夫婦ですと家やマンションのローンが残っている場合が多いので

 

貰えるよりも、ローンだけが残るという事が多いです

 

妻の財産分与の目安

 

妻が専業主婦の場合

 

妻 30〜50%

 

共働きの場合

 

原則 50%

 

夫婦で家業に従事している場合

 

共働きと同じと考えられているので
約 50%

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

財産分与の割合関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?