養育費は必ず払ってくれるのか?について

養育費は必ず払ってくれるのでしょうか?

離婚後に払って欲しい事の1つに、養育費がありますよね

 

多くの場合は、母親が親権を取る事がおおいので、養育費は生活していく上でも重要になってきます

 

また、養育費は子供の監護養育に必要な費用です

 

これは、子供と同居していない親が払うものになります

 

つまり多くの場合は、父親が払う事になるでしょう

 

親である以上、未成年の子供を扶養する義務がありますから、養育費は払うという事が前提です

 

自分の収入に応じて子供の生活に必要な費用を負担しなければならないと、法律で決められています

 

しかし、養育費を払わない親が多いです・・・悲しい事ですが

 

養育費を一度も受け取っていない人が、60%以上にもなります

 

毎月、しっかりと養育費をもらっているのが19%です

 

残りは養育費の約束はしたけど、途中で振り込まれなくなった人です

 

早く離婚したいからといって、養育費や慰謝料、財産分与を放棄することは絶対に止めましょう

 

養育費は子供のためのものです、必ず離婚する場合は書面にて約束を証拠として残しておきましょう

 

養育費の支払いを確実にする方法

 

・離婚の時に金額、支払日、支払期間を支払い方法を書面に残す

 

・協議で決まらない場合h家庭裁判所に調停を起こす

 

養育費は子供のためのお金です、しっかりと払いましょう

 

これらの事を、公正証書に書いて残すようにしてください

 

公正証書には、法的な効力もあるので、そこに書いてある事に反してしまった場合

 

相手の給料の差し押さえもできるようになります

 

そのため、養育費や慰謝料・財産分与などの約束は、公正証書に残すのが鉄則になります

 

法的な約束になりますので、ただの紙に書いた約束とは比べ物にならないぐらいの効果がありますよ

 

だって、そこに書いてある事に反した場合は、給料や財産の差し押さえができるのですから

 

また、早く離婚したいからといって、養育費や慰謝料は放棄せず必ず請求するように

 

相手から、慰謝料や養育費を放棄してくれたら、親権を渡し、離婚すると言われて、それで離婚しても後から請求できますので

 

この場合は、弁護士に相談するといいでしょう

 

弁護士費用も、慰謝料や養育費から少しずつ払えばいいのです、弁護士費用の分割払いができる所も増えていますから

 

法テラスなどに相談してみるといいでしょう

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

養育費は必ず払ってくれるのか?関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?