金銭以外の財産分与について

金銭以外の財産分与のこと

財産分与の時は、お金以外(貯金・年金)も財産分与でわける事ができます

 

どういう事かといいますと、不動産などは売買して現金で分配する事ができるんです

 

しかし、ほとんどの人が、売っても買った時よりも安くなるので、使い続けよう、住み続けようと思う人が多いです

 

この場合は、「現物で受け取る事もできます」

 

つまり、その家やマンションを貰うという事になりますね

 

受け取った場合は、譲渡所得税がかかることもあります

 

不動産をわけるポイントとしては

 

家やマンションを売らずに分ける場合は、分与の差額分を相手に現金で払う方法があります

 

一括や分割払いもできますが、分割払いの場合は相手が途中で払わないという事になる事もあります

 

例えば、その家が売ると1000万ぐらいで売れる物件だとしましょう

 

その家を貰う場合は相手に、500万円を支払う必要があります

 

そうすると、家を財産分与で貰う事ができるのです

 

しかしです、その、家やマンションにローンが残っている場合はかなり面倒な手続きがあります

 

まず債権者の審査や承諾が必用になります

 

つまり、貰う人に支払い能力があるのか?などを詳しく調査されます

 

その審査に合格しないと、財産分与で譲り受ける事ができません

 

ですので、家やマンションにローンが残っている場合は

 

どちらがその家やマンションに住むのか?

 

住むほうが余計にお金を払うのか?という問題を二人で決めてください

 

例えば、住む方が月7万 住まないほうが3万

 

このように、ローンの支払い金額を変える方法もあります

 

そうすると、相手も納得する事が多いですよ

 

金銭的な問題については本当に離婚の時にもめる大きな原因なので、面倒臭がらずにしっかりと話し合い決めてください

 

そしてその決めた事は必ず、紙に書いて相手の署名を書いてもらいましょう

 

そうしないと、後でそんな約束はしていなと言われてしまいます

 

もっとも確実なのが、公正証書に残すのが確実です

 

公正証書は法的な効力がありますので、もし相手が払わない場合は給与差し押さえ等の厳しい処置が加えられます

 

そのため、金銭面や親権など重要な事は公正証書に残すのが当たり前になっています

 

弁護士や司法書士の人たちも、証拠を残す時は公正証書にするようにとアドバイスをしています

 

公正証書の作り方は、あなたの街にある「公正役場」に行って作ってもらいます

 

どこにあるかわからない、という場合は市役所の市民課などで聞くと場所を教えてくれますよ

 

そこで、夫婦で決めた事を公証人が作成してくれます

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

金銭以外の財産分与関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?