財産分与について

離婚の時の財産分与とは?

離婚の時にもっとも大きな問題が、財産分与です

 

財産分与は婚姻中に築き上げた共有の財産を公平に分配することです

 

結婚してから、夫婦が所有していた物がお金が財産になります

 

これは、名義が夫だけ でも共有の財産です

 

基本的には夫婦平等の権利があって、半分にわけるのが一番いいのですが

 

財産の貢献度によって、受け取る割合が変わってきます

 

この財産分与ですが

 

たとえば、不定行為で離婚の原因を作った妻も財産分与できます

 

離婚の原因と財産分与は関係がないのです

 

そのため、財産をわけるのに納得できない!と怒る夫もいます

 

確かに、妻が浮気して離婚するのに財産の半分も持っていかれたら頭にくる気持ちもわかります

 

しかし

 

離婚原因はどうであれ、結婚している間に築き上げた財産は離婚する際に公平にわけるようになります

 

これは法律で決まっているので感情でどうにかなるレベルではないです

 

これには納得できない人も多いですが、財産と離婚原因は別と考えられているからです

 

しかし、不貞行為をした妻と相手には慰謝料を請求できます

 

これで、分けた財産を少しは回収できるでしょう

 

もちろん、夫が浮気した場合は妻が夫や相手の女に慰謝料を請求する事ができるのです

 

浮気した相手に財産分与をわけたくないという気持ちから離婚届けにサインしない人もいます

 

この場合、相手が財産分与を放棄したら離婚してやる!

 

という取引を夫から持ちかけてくる場合がありますが、この場合は

 

放棄してもいいという事で納得すれば、財産分与をする必要はなくなります

 

この場合は後で、言った言わないにならないように公正証書に証拠として残しておきましょう

 

財産分与は話しあいで、相手が受け取らないと言った場合は財産分与をする必要はなくなります

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚の時の財産分与とは関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?