法的に認められている財産分与の種類について

法的に認められている財産分与の種類の事

法律で定められている財産分与の種類は4つあります

 

しっかりと、財産分与についての知識を身につけてください

 

そうしないと、もらえるモノが貰えなくなります

 

相手もできれば払いたくはないと思っていますので、親切に教えてくれる事はありませんからね

 

自分でインターネットを利用して、しっかりと財産分与の知識を頭に叩き込んでください

 

それでは、財産分与の種類を紹介します

 

精算的財産分与

 

結婚してから夫婦で築き上げた貯金、マンションやアパートになります

 

さらに、夫の年金もこれに入ります

 

精算的財産分与は、皆さんが思っている財産分与になります

 

一番、離婚でもめる原因の一つですね

 

どちらも、離婚後の生活がかかっているので条件を譲る事はないので離婚が長期化する原因になります

 

扶養的財産分与

 

離婚後の生活費の一時的な援助として支払われます

 

妻がまだ就職や仕事が見つからないので生活が不安定な場合、この扶養的財産分与が適用されます

 

しかし、夫は離婚したのになんで元妻の生活を支えないといけないのか!と怒って応じない事が多いです

 

そのため、個人同士の話し合いでは扶養的財産分与を貰う事は難しいでしょう

 

貰う場合は、離婚調停を起こして相手に認めさせるようにしてください

 

そうすると離婚後の生活も楽になりますよ

 

慰謝料的財産分与

 

離婚による精神的な苦痛によって生じた損害を、財産分与に反映されている場合は離婚原因などによる慰謝料を請求することはできません

 

つまり、財産分与に慰謝料も入っているというのが慰謝料的財産分与です

 

相手が浮気してそれにより精神的な苦痛を受けたから、それを財産分与に含めるという事

 

そのため、慰謝料は個別には請求できません

 

婚姻費用

 

結婚中の生活費の事です

 

別居中に払われるべき生活費の未払い分を財産分与の中で、未払い分も加算されます

 

別居中は自腹で全額生活していたわけですから、その分の半分を相手に請求する事ができます

 

 

このように、財産分与といっても色々な種類があるのでしっかりと覚えておきましょう

 

しかし、財産分与はもめる事が多いので、その場合は離婚調停をして解決をしてください

 

相手がなかなか折れてくれないので、妥協してしまうと損してしまいますから

 

財産分与の離婚調停で自分を有利にしたいのであれば、こちらを読んでください

 

商品代金の元はとれますよ

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

 

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

法的に認められている財産分与の種類関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?