共有財産について

離婚の時の共有財産のこと

精算的財産分与の対象となるのは、何度もいいますが「夫婦が共同で築き上げた財産」になります

 

これを、「共有財産」と呼びます

 

具体的には、結婚後に購入した家、車、有価証券、高額な貴金属、家財道具、預貯金、保険金

 

これらが共有の財産となります

 

さらに、将来受け取る予定の年金や退職金も含まています

 

もっと重要なのが、住宅ローンや借金も財産分与の対象になることです

 

この住宅ローンや借金は、離婚した後も二人で払わなければなりません

 

へそくりも共有の財産?

 

結婚前に貯めた、へそくりは共有の財産にはなりません

 

しかし、結婚してから節約して貯めた、へそくりは共有の財産になります

 

ですが、申告しないとわからないので、多くの人はそのまま自分の財布に入れてしまうようです

 

ただし、金額が大きいと後でトラブルの元になるので申告したほうがスッキリしますよ

 

このように、結婚してから築き上げた財産、貯金などは夫婦二人のものです

 

それが、離婚して別々になるわけですから

 

当然のように、財産も2つにわけます

 

これはよくよく考えれば当然の話ですよね、二人で協力して作った財産なんですから

 

だから、最初に書いたような財産は離婚の時にわける必要があります

 

しかし、離婚する相手に渡したくない、少しでも多く取りたい

 

このような思惑があるため、離婚の時に財産分与でもめてしまうのです

 

では、もし財産分与にもめてしまい離婚が出来ない、長引いてしまっている場合はどうすればいいのか?

 

この場合は、離婚調停をする事が一番ベストな方法だと思います

 

離婚調停をすれば、調停委員が公平な立場でどうすればいいか?を判断してくれます

 

私利私欲がないので、公平なんです

 

しかし、少しでも自分に有利に進めたいのであれば知識は絶対に必要です

 

なぜなら、もし必要な情報を知らないばかりに自分に不利な事になってしまうからです

 

例えば、本来、ギャンブルで作った借金は財産分与には含まれないのですが

 

それを証明できないと、その借金の返済を離婚した後もするようになります

 

このような不利な判決にならないためにも、実践的な知識を覚えておいてください

 

本屋の離婚の本では知られない情報です

 

その実践的な知識が書いてあるのが、こちらです

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

 

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚の時の共有財産関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?