離婚した時の特有財産はどういうのなの?

財産分与の時に全ての財産をわける事にはなりません

 

なぜなら

 

いくら夫婦であっても、全ての財産を共有しているわけではないからです

 

つまり、財産といっても夫婦で共有している財産

 

共有していない財産があります

 

これを、特有財産といいます

 

財産分与の対象外となる財産を「特有財産」もしくは「固有財産」と呼びます

 

では、どういうのが、特有財産として認められるのかといいますと

 

独身時代にためたお金や買った物になります

 

  • 結婚する前に溜めたお金
  • 結婚する前に買った物

 

これは特有財産となり財産分与には当てはまりません

 

また、結婚した後は、相続や贈与で得た財産も特有財産とみなされ財産分与の対象外になります

 

ここで多くの人が疑問に思う事があります

 

例えば、家、アパート、マンション、車を入籍前に旦那が買っていた場合

 

離婚したら、その、家、アパート、マンション、車は財産分与に入るのか?

 

これが一番知りたい事ではないでしょうか?

 

結論からいいますと、買ったお金が全部、旦那のお金であれば離婚しても財産分与に入りません

 

しかし、入籍前に買っても結婚生活の時にそのローンを夫婦で協力して払っていたのであれば

 

離婚の時に財産分与に入ります

 

このような事になりますので、よく覚えておいてください

 

しかし、いつ買ったか証明する物がなければ特有財産とは主張できません

 

領収書があり入籍前に買っていたことが証明できれば特有財産として認められます

 

そのような証明する物がなければ、例え高価な貴金属や時計も共有財産になります

 

そのため、話し合いが難航してしまうことになります

 

自分が買ったのにどうして、離婚した相手に渡さなければならないのか

 

という感情が出てきてしまうからです

 

こうなってくると泥沼化してきますから、離婚まで長期間になってしまいます

 

そうなると、妥協が必要です

 

例えば、車は旦那に渡すとか妥協して離婚する人が多くなりますね

 

しかし、少しでも財産を持ってこないと生活する時に大変ですから正直、あまり妥協はおすすめできません

 

ではどうするかといいますと、第三者に中に入ってもらうこと

 

そこで、離婚調停をする事をおすすめします

 

数千円で離婚調停の手続きができますから、お金に余裕がない人でも利用できますよ

 

ただし、自分に少しでも有利に離婚調停を進めるために知識は必ずつけてください

 

そうしないと相手のペースで進んでしまい、不利な判決になってしまいます

 

実践的な離婚調停の知識を身につけたいのであれば、こちらを読んでください

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

 

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚した時の特有財産はどういうの?関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
財産分与・慰謝料には税金はかかる?
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?