財産分与・慰謝料には税金はかかる?について

財産分与・慰謝料には税金はかかるのか?

離婚した時に、貰う事ができる財産分与や慰謝料

 

よく聞かれるのが、財産分与・慰謝料には税金はかかるのでしょうか?

 

「現金」であれば、支払う側、受け取る側にも税金は課せられません

 

ただし、例外があります

 

それは、社会常識的とかけ離れた金額の場合は、分与ではなく贈与とみなされてしまい

 

税金がかかります

 

しかし、それは有名人の億単位の場合ですので、一般人の私達には関係ない話かもしれません

 

つまり、慰謝料や財産分与を現金で受け取る事ができれば税金はかからないという事になります

 

現金以外は譲渡所得税がかかる

 

家、土地、株式の有価証券、高額な美術品には、「支払う側に」譲渡所得税がかかります

 

不動産の場合は特別控除や軽減税率適用が受けられます

 

受け取る側には、「不動産取得税」、「登録免許税」がかかります

 

このように、財産分与は税金がかかる事もありますので、その辺を注意してください

 

それじゃ、不動産を売って、そのお金をもらえば税金はかからない?と思うかもしれませんが

 

それは違います

 

不動産を売ってその現金を渡した場合でも、譲渡所得による所得税がかかる事になります

 

いずれにしろ、今手元にあるお金を渡す分には税金はかからないのですが

 

不動産や車を売ってお金を作り、それを渡すと税金がかかると思ってください

 

税金に関しては、詳しい情報はこちらを読んで勉強してください

 

くれぐれも、脱税しようとか、税務署を騙そうとか考えないでくださいね

 

あの人達はプロですから、あなたの財産の流れを詳しく調べる事ができますので

 

銀行口座から、不動産まで個人の資産の動きを調べる事ができるシステムを持っていますので

 

財産分与で税金が発生する場合はしっかりと申告して税金を収めるようにしてください

 

そのほうが心理的にも安心しますよ

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

財産分与・慰謝料には税金はかかる?関連エントリー

離婚でもめる原因の1位がお金
離婚の時の財産分与とは
借金も財産分与の対象です
法的に認められている財産分与の種類
離婚の時の共有財産
離婚した時の特有財産はどういうの?
共有財産と特有財産の違い
財産分与の割合
離婚しても、借金の連帯責任、連帯保証人は解消できない
金銭以外の財産分与
財産分与で年金はどうやって分ける
年金の合意分割と3号分割
離婚した後も扶養してもらえる?
扶養的財産分与の方法
慰謝料は精神的苦痛の損害賠償です
慰謝料を請求できる、できないケース
慰謝料の相場の金額
浮気相手に慰謝料を請求
親族にも慰謝料を請求できる
浮気相手への慰謝料請求の方法
財産分与・慰謝料の支払いの注意点
慰謝料・財産分与の支払い方法
知っておきたい離婚にまつわる税金
財産分与・慰謝料でのトラブル
別居中でも生活費を請求できる?
別居中の生活費の請求方法
養育費は必ず払ってくれるのか?
養育費をしっかりと払ってもらう為には
養育費などの支払いが遅れた場合の法律
養育費は離婚後でも請求できる
養育費は具体的に決める事
養育費の金額は?
養育費の支払いが遅れた場合
滞納で裁判を起こす場合
養育費を払う相手が行方不明の場合
養育費を払わないと子供に会わせてもらえないのか?
再婚すると養育費はもらえない?
相手(夫)の祖父母(親)に慰謝料は請求できる?
離婚したら子供の相続権はどうなる?