家庭裁判所で親権を争う事について

家庭裁判所で親権を争う事

夫婦での話し合いでどちらが親権を取るかを決められない場合は、家庭裁判所でどちらが親権を取るかを争います

 

親権はどうしても譲れない場合、第三者の家庭裁判所でどちらが親権者として相応しいかを客観的に判断してもらいます

 

家庭裁判所で親権を争う場合、家庭裁判所に調停、審判の申し立てを行います

 

申し立ては、「親権だけ」という事もできます

 

親権だけというのは、文字通り親権のみの判決がでます

 

慰謝料や財産分与など他の事はお互い話し合って決まっているのであれば「親権だけ」の指定します

 

他の事(慰謝料、養育費、財産分与)の問題もあるのであれば調停離婚を申し立てるのがいいです

 

調停離婚であれば、親権の他にも慰謝料や養育費、財産分与なども解決できます

 

第三者が入る事で感情的にならず、客観的なアドバイスをもらえるのでそれを参考に離婚条件を変えたりする事もあるでしょう

 

調停離婚や離婚裁判で判決が出たとしても、その結果に不服があれば不服申立てが出来ます

 

不服申立てをする場合は自分にとって有利な判決がでるのか?という事を弁護士と相談して決めてください

 

どんなに不服申立てをしても判決が変わらない事もありますから、離婚裁判に詳しい弁護士に相談するといいでしょう

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

家庭裁判所で親権を争う関連エントリー