母親が親権者になれないケースについて

母親が親権者になれないケースのこと

家庭裁判所で親権を争う場合、母親が有利になる事が多いです

 

子供が15歳未満の場合、子供の成長に母親の存在が大きいとされるためです

 

しかし、子供が15歳未満であっても母親が親権を取れないケースもあります

 

それは

 

母親が子供を育てるのに問題があるとされる場合です

 

生活態度などに問題がある場合は親権は父親になる事があります

 

それではどのような場合は、母親が親権者になれないのでしょうか?

 

・子供を放ったらかしにする

 

・お酒を飲んで暴れたりする

 

・ギャンブル中毒で多額の借金がある

 

・男遊びが多く、家に不特定多数の男の出入りがある

 

このような、子供の成長、教育に悪影響があるとされれば母親には親権は与える事はありません

 

そのため、母親の生活態度によっては母親は親権者には選ばれず、父親が選ばれる事になります

 

上記に書いた理由の他に母親が親権者になれないケースとしては

 

別居する時に母親と子供が別に生活している場合です

 

今現在、子供と一緒に生活していない場合は親権者として選ばれる事はないでしょう

 

なぜなら、今現在、子供は父親と問題なく暮らしているのでそれを引き離す事は子供にとってよくないと判断されるためです

 

そのため、別居した時に、子供と父親が生活していれば親権者は父親になる事が多いです

 

ですから、親権が欲しい場合は別居する時に子供を連れていく事が大切になります

 

別居した時に子供を相手に連れていかれた場合は親権を取る事は難しくなります

 

ただ、父親が仕事中に子供を連れていかれた場合はどうする事もできないですよね

 

だから、母親が親権者になるケースが多いのかもしれません

 

殆どのお母さんは、家を出て行く時に子供も一緒に連れていく事が多いですからね

 

父親が親権をどうしても取りたい場合は、仕事中に子供を母親に連れていかれないように

 

実家の親に預けるようにするといいでしょう

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

母親が親権者になれないケース関連エントリー