親権者の変更について

親権者の変更のこと

最初に決めた妻が親権者から、夫に親権者の変更はできるのでしょうか?

 

結論からいいますと、変更はできます

 

しかし、妻と夫だけの話し合いで勝手に親権者を変更することはできません

 

変更には家庭裁判所の許可が必用になります

 

家庭裁判所が親権者の変更を認めるのは、現在の親権者が子供に暴力を振るう、育児放棄しているなどです

 

このような理由であれば親権者の変更を認めてもらえます

 

ですが、親権者が長期入院するから変更したい、再婚や仕事の都合で親権者を変更したい場合は

 

認められません

 

つまり、今現在の親が育児放棄や子供の成長に著しい問題が発生する可能性がある場合に限り、親権者の変更ができます

 

金銭的に子育てが辛い、再婚するので子供が邪魔になった、仕事を探す時に子供がいるから仕事がみつからない

 

このような理由から、親権者を変更したいという場合は変更できません

 

子供が15歳未満であれば、先ほど書いた理由では親権者の変更は認められません

 

しかし、子供が15歳以上の場合は子供の意思が、親権者を変えたいという気持ちがあれば家庭裁判所は親権者の変更を認める決定をします

 

15歳以上であれば、子供は自分の意思をハッキリと主張できると判断されますので

 

今現在、母親が親権者になっている場合でも、子供が父親を親権者に選んだ場合は

 

ほぼ、無条件で父親が親権者に選ばれます

 

親の勝手な都合で親権者の変更は難しいと覚えておきましょう

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

親権者の変更関連エントリー