親権者が死亡した場合も変更の手続きをしようについて

親権者が死亡した場合も変更の手続きをしよう!

離婚して親権者となった者が、病気や事故で死亡した場合は親権者が変わります

 

例えば、母親が病気で死亡した場合、父親に親権が渡ります

 

この親権者の変更は母親が死亡したら自動的に変わるわけではありません

 

手続きをしないと親権者は変更できません

 

手続きの方法としては、家庭裁判所に審判を申し立てて認められる必要があります

 

子供が未成年の内に親権者が死亡する例はそれほど多くはありませんが、このようなケースもあるという事を覚えておくといいでしょう

 

また、親権者が変わった場合は子供も親が亡くなって精神的な傷も深いので精神的なケアをする事が大切です

 

精神的なケアは臨床心理士や精神科医にお願いするといいでしょう

 

素人ではなかなか適切な精神的なケアは難しいですから、ここはプロに任せるといいでしょう

 

素人判断で無理に元気付けようとすると逆効果になる事もあるからです

 

また、子供も親権者が変わり生活環境も大きく変わりますからより精神的なケアが重要になってくるのです

 

今まで一緒に生活していた親が病気や事故などで無くなったわけですから子供の精神的な傷も深いです

 

そのため、最初は子供のケアを最優先にするといいです

 

場合によっては、精神科のほうでカウンセリングをしてもらい子供の心を落ち着かせる方法もいいでしょう

 

第三者に話す事で気持ちが楽になるという事もありますからね

 

やはり、親には言いにくい事もありますので、精神科の先生にケアしてもらう必要があるケースもあります

 

最初は無理に話しかけたり、遊びを強要しないことです

 

親は子供に元気になってほしくて、遊びに誘ったりすると思うのですが

 

まだ、心の傷が癒やされていない時期に無理に誘っても傷口を広げるだけです

 

半年は無理に遊びに誘ったりせずに、日常会話だけで環境に自然に慣れさせるようにしたほうが子供に余計なストレスを与えずに済みます

 

新しく親権者になったので、親として何かをしたい!という気持ちが強いのはわかりますが

 

ここは子供の気持ちを最優先で行動しましょう

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

親権者が死亡した場合も変更の手続きをしよう関連エントリー