親権はどうやって決める?について

親権はどうやって決めるのか?

子供がいる夫婦で離婚する場合はどちらが親権をとるかで悩むと思います

 

基本的には夫婦で話し合い子供にとってどちらに引き取られるのがいいのかを客観的に考えて親権を決めます

 

よく、親権はお母さんが有利といわれますが、それは子供にとって母親の役割が大きいためです

 

また、家庭裁判所では子供の年齢によっても父親か、母親かどちらが親権に有利か変わってきます

 

夫婦で話し合って決める場合は、母親が有利、父親が有利とかありません

 

しかし、多くのケースではどちらも親権を譲りませんから、調停離婚、離婚裁判で親権を争うケースが多いです

 

そこでは、母親によほどの問題がないかぎりは母親が親権を取ります

 

そのため、父親が親権を取りたい場合は、離婚調停や離婚裁判で争っても親権を取れる可能性は低いです

 

ですから、なるべく夫婦の話し合いで親権を取るようにしましょう

 

もちろん、母親に重大な問題があれば、離婚調停や離婚裁判でも父親が親権を取る事ができるでしょう

 

その重大な問題とはなんでしょう?

 

・アルコール中毒

 

・ギャンブル依存症で多額の借金がある

 

・虐待や暴言を子供にしている

 

・結婚中に浮気をして男と一緒に住んでいる

 

このような場合は、父親が親権を取ることが多いです

 

離婚調停の時に、しっかりとこの事を調停員に伝えるようにしてください

 

夫婦の話し合いで結論が出ない場合は、離婚調停になりますが

 

ここで自分に有利に運んで、親権を取るためには情報が必要です

 

どういう駆け引きをすれば自分に有利になるのか?を知る必要があります

 

だから、離婚は情報戦といわれるゆえんなのです

 

そこで、ぜひ知っておきたい情報があります

 

実践的に離婚調停を有利に進める方法が書いてありますので1度読んでみてください

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

 

0才〜15才
 

 

母親が親権になるケースが多いです、この年齢の時は母親の役割が需要とされていますので家庭裁判所でも母親に親権を言い渡すケースが多いです

 

15才以上

 

子供の本人の意思を尊重するケースが増えます

 

子供が現状を理解できる十分な判断力があるとされます

 

離婚裁判で争った場合は子供の年齢が0才〜15才であれば母親が親権を取る事が多くなります

 

しかし、母親に子供を育てる力がない(暴力・病気・経済的)の場合は父親に親権がいく事もあります

 

子供の年齢が15歳以上の場合は、子供の意思が尊重されます

 

父親の所がいいと言えば、父親が親権を取る事ができます

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

親権はどうやって決める?関連エントリー