国際結婚した場合の子供の戸籍と姓について

国際結婚した場合の子供の戸籍と姓のこと

国際結婚の場合は親が日本人であれば子供も日本国籍をもち、日本人の親が筆頭者の戸籍に入ります

 

そのため、国際離婚をしても日本人の親と子供の戸籍の変更はありません

 

ただし、親が外国人配偶者の姓から日本の姓に戻して、子供の姓も変更する場合には手続きが必用です

 

親の姓は離婚後3ヶ月以内であれば役所の外国人との離婚による氏の変更届けを退出するだけで変えられます

 

しかし、3ヶ月が過ぎてしまった場合は家庭裁判所に氏の変更許可を申し立てる必用があります

 

そのうえで、子供の姓と戸籍の変更手続きをします

 

国際離婚の場合に一番、面倒になるのが、相手が国に帰った場合です

 

そうすると、慰謝料などが支払われないケースが多いです

 

日本の法律は、相手の国では通用しないので、国に帰られてしまうと泣き寝入りになってしまいます

 

いくら、家庭裁判所で判決が出たとしても相手の国には適用されませんからどうする事もできないのです

 

これが、国際結婚をして離婚する場合に最も難しい問題になってくるのです

 

こればかりは、相手の良心に任せるしかないです

 

相手が自分の子供の事をしっかりと考えているのであれば、どこの国に行っても養育費を払ってくれるでしょう

 

もちろん、結婚する前から離婚を考える事はないですが

 

万が一に備えて、しっかりと相手が離婚した後も責任を取ってくれる相手なのかを見極めてください

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

国際結婚した場合の子供の戸籍と姓関連エントリー