家庭裁判所の許可がなくても姓と戸籍の変更ができる場合について

家庭裁判所の許可がなくても姓と戸籍の変更ができる場合のこと

普通であれば、子供の姓と戸籍の変更には家庭裁判所の許可が必用です

 

しかし、家庭裁判所の許可なく姓や戸籍の手続きが条件は

 

離婚後に姓と戸籍を変更して未成年の子が

 

満20歳になってからの1年以内に姓と戸籍を再度変更する場合は家庭裁判所の許可は必用ありません

 

なぜかといいますと

 

子供が成人になり自分の意思で決める事ができますので

 

父親の姓か母親の姓かどちらを名乗るのかを、難しい手続きをせずに変える事ができるようになっています

 

しかし

 

注意したいのが、20歳になってからの1年以内であれば家庭裁判所の許可がなくてもできますが

 

1年以上経過した場合は家庭裁判所の許可が必用になります

 

つまり、21歳になってしまうと家庭裁判所の許可が必要になるということです

 

そのため、もし、子供が母親か父親の姓をどちらかを名乗りたい場合は

 

20歳のうちに決める必要があります

 

この他にも、一度離婚した夫婦が復縁して婚姻届を提出した場合の子供の戸籍変更も家庭裁判所の許可がなくてもできます

 

つまり、再婚して父親の姓にする場合も許可がいらないという事です

 

このように、姓の変更に関しては色々と決められたルールがありますので、しっかりと理解してください

 

ここまでの内容をまとめてみますと

 

・子供が20歳になったら、1年間 姓や戸籍の変更ができる
(21歳になったら裁判所の許可が必要)

 

・離婚した親同士が、再婚した場合も許可が必要ありません

 

この2つだけが、家庭裁判所の許可が無くても、姓の変更ができます

 

子供が20歳になる前に伝えてください

 

これにより、子供が自分の意思で決める事ができますからね

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

家庭裁判所の許可がなくても姓と戸籍の変更ができる場合関連エントリー