親権の内容をしっかりと理解しようについて

親権の内容をしっかりと理解しよう!

親権といっても様々な事があります

 

「子供の住む所を指定する居所指定権」

 

「しつけとして子供に罰を与える、懲戒権」

 

「子供が仕事をする事を許可する、職業許可権」

 

「子供の身の回りの世話や教育を行う身上監護権」

 

「子供の名義の財産を管理し、法的行為が必用な場合は代理人なる財産管理権」

 

親権と一口にいっても、細かくわけるとこれだけあります

 

多くは、親権といわれるのは「身上監護権」になりますね

 

上記にも書いた事は、普通の離婚ではあまり馴染みがないですし、これらの権利を主張する親も少ないですから、この記事を読んでそういう権利もあるのかと思った人も多いでしょう

 

しかし、場合によってはこれらの権利を有効に使えば子供と接する機会を多く作る事も出来る可能性があります

 

離婚をする時にもめる原因は、「慰謝料などの金銭面」そして「親権」です

 

親であれば自分の子供をそばに置いておきたいと思うのは当然の事です

 

多くの場合、子供が15歳未満であれば母親が親権を取るケースが多いです

 

15歳以上であれば、子供の意思で親権を選ぶ権利があります

 

父親が親権を諦めきれずに離婚裁判まで行っても、母親に相当の親権にふさわしくないという事がなければ

 

父親が親権を取る事は難しいでしょう

 

では、母親が親権者としてふさわしくないと判断されるケースはなんでしょうか?

 

子供を叩いたり、言葉で傷つける行為をしている

 

アルコール中毒

 

精神的に子育てが無理と判断される場合

(重度のうつ病で精神的に不安定など)

 

経済的に子育てが無理と判断される場合

(無職で働く気がない場合、働いても数日で辞める事を繰り返す)

 

 

このような場合は母親が親権を取ることが難しくなりますので、父親は離婚裁判や離婚調停でこの事を理由に親権を主張するといいでしょう

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

親権の内容をしっかりと理解しよう関連エントリー