親権争いで有利にする方法について

親権争いで有利にする方法のこと

家庭裁判所で親権を争う場合は、まず子供をしっかりと育てる事ができるのか?が問われます

 

暴力を一度でも振るった場合は親権者に選ばれる事はないでしょう

 

まず、重要な事は子供の為にどれだけの事が出来るのか?です

 

掃除、洗濯、料理が作れるなどをアピールします

 

母親であれば上記の事は当たり前に出来るでしょうが、父親だとそうはいきません

 

このため父親が親権を取るのが難しいといわれる理由の1つなのです

 

しかし、逆に考えればこれが出来れば親権者として選ばれる可能性が高くなります

 

料理を覚えるため料理教室に通っていますとか、子供の為にやれるという事を示す必要があるのです

 

言葉で出来ます!といっても説得力がありません

 

これでは親権は取れないでしょう

 

そして、仕事中は子供をどうするのか? 残業で遅くなったらどうするのか?

 

といった問題をしっかりと解決できる方法があるのかを示して下さい

 

もう一度言いますが、言葉だけでは説得力はありません

 

幼稚園や保育園をいつでも入れるようにしてますとか、実家の両親が仕事中に面倒を見てくれますとか具体的な解決方法を示す必要があるのです

 

このような事を裁判官に示す事ができれば親権者に選ばれる可能性が高くなるでしょう

 

また、父親が親権を取るために母親の過失を証明する方法もあります

 

母親の過失を証明する

 

・育児放棄や素行問題があれば、その様子を記録する

 

・学校などの行事には出席していない事も減点になります

 

・長時間、子供を預けて遊んでいる場合

 

このような事を証明できれば、父親が親権を取ることが出来るでしょう

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

親権争いで有利にする方法関連エントリー