父親が親権を取るにはどうすればいい?について

父親が親権を取るにはどうすればいいのか?

父親が親権者になる事は難しいとよくいわれます

 

ですが、父親でも親権者になる事もあります

 

父親、母親 どちらも子供の成長に悪影響を当てない場合であれば、母親が親権者に選ばれます

 

つまり、母親よりも父親が親権者になったほうが子供の成長にとって良い影響を与えると裁判官に印象つける必要があるのです

 

積極的に自分をアピールする事、そして母親が親権者に相応しくないという証拠を出せればかなり有利になります

 

自分をアピールというのは、収入面、家庭環境、実家の協力などがアピールポイントになるでしょう

 

また、母親が親権者に相応しくないというのは、酒癖が悪い、男癖が悪いなどを証明できれば父親が親権者に選ばれる可能性が高くなります

 

一度愛した女性の悪口とかは言いたくは無いと思いますが、親権を取る為には必要な事です

 

最後にアピールポイントをまとめました

 

父親が親権を取るためのポイント

 

家庭裁判所で親権を争うのであれば、育児実績が必用です

 

家事や子育てをしっかりとやって、それを裁判官にアピールをする

 

子供に対する愛情を行動で示す事で親権を取りやすくなります

 

親権争いを有利にする材料

 

・これまでの育児実績

 

・養育協力者の存在(実家の親)

 

・生活環境(収入も含む)

 

このような事を積極的にアピールしていきましょう

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

父親が親権を取るにはどうすればいい?関連エントリー