養育費は親権者でなくても払わないと駄目ですについて

養育費は親権者でなくても払わないと駄目ですよ

養育費は、例え親権を取れなかった場合でも払う必用があります

 

これは、離婚しても親の義務です

 

未成年の子供が生活するうえで必用なお金を養育費として毎月支払います

 

親権があるか無いかに関わらず、父母は払うべきお金です

 

例え金額が少なくても、親の責任として毎月振込みましょう

 

養育費を払う基本としては

 

・収入の多い親が、少ない親に払います

 

・子どもと離れて暮らす親が、子供と一緒に暮らしている親に払います

 

これが一般的です

 

また、親権を渡すので養育費は無しにしてくれという取引もありますが、それは絶対に駄目です

 

もし、合意してもそのような約束は法的に受け入れる事はないので、無効です

 

つまり、慰謝料を要求しないなら離婚するという約束は法律的には無効です

 

なぜなら、養育費は子供が使うものですから親同士の約束は意味がありません

 

そのため、そういう約束をしても後で、養育費を請求する事ができます

 

ですが、相手が払う意思が無い場合は法的な方法を取る事ができます

 

それには条件がありそれは「公正証書」に慰謝料の事を書いている場合です

 

離婚する時は、慰謝料や財産分与などの条件を紙に書いて相手に同意のサインをもらう事が一般的ですが

 

その約束をさらに強固なものにしてくれるのが、「公正証書」になるのです

 

「公正証書」に慰謝料の金額などが書いていれば、相手が慰謝料を払わない場合

 

相手の給与の差し押さえが可能です

 

銀行や給与の差し押さえが可能なので相手は慰謝料をしっかりと払ってくれます

 

ですが、残念な事に多くの場合は、「公正証書」に慰謝料などを書く人は非常に少ないです

 

ただ、紙に書いてサインしてもらって終わりという事が多いです

 

これでは、給与の差し押さえ等は無理です

 

ですから、今離婚しよと準備している人は「公正証書」に慰謝料や財産分与の事を書いてください

 

法的効力が全然違いますよ

 

もうすでに離婚をしている場合は、相手と話し合い、少しでもいいので慰謝料を振り込むように頼むしかありません

 

養育費を払うのは、親として当然の事ですから子供が成人になるまでは払わないという選択肢はありません

 

諦めずにしっかりと養育費をもらうように話し合いをしてください

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

養育費は親権者でなくても払わないと駄目です関連エントリー