離婚調停が不成立になった場合について

離婚調停が不成立になった場合のこと

最後まで夫婦が納得できなければ、離婚調停は不成立になります

 

不成立になった場合にとる行動は、離婚裁判をするか、また当事者で話し合いで解決するかしかありません

 

裁判をするには、弁護士費用などもかかるため金銭的な負担が大きくなります

 

一般の方が離婚裁判まで起こすのは稀です

 

よほど相手の財産が多い場合は離婚裁判を起こす人がいます(芸能人とか)

 

もう一度なぜ、離婚調停が不成立になったのかを考えて、妥協できる点はあるのか?を分析します

 

離婚は相手との交渉です、自分だけでなく相手にも利益のある条件を示せば離婚の話が大きく前進する事もあります

 

また、ある程度の妥協点をお互いが探す必要があります

 

慰謝料はこのくらい、財産分与はこのくらいと決めてそれを譲らないとお互いが物別れになってしまい

 

離婚調停が不成立になってしまう事が多くなります

 

もちろん、親権などについては妥協する必要はないですが、慰謝料や財産分与の金額を少し下げたりする事も考えていかなくてはならないと思います

 

相手も当然、離婚する相手にお金はあまりあげたくないと思うのは当然の心理ですから

 

少し、金額を下げる事で相手の気持ちを揺さぶる事もできます

 

不成立になる原因としては離婚調停の知識不足という事も考えられますね

 

どういう事かといいますと、駆け引きをしていないという事です

 

知識があれば、相手を揺さぶったりできますからこちらに有利に進める事ができます

 

ですから、離婚調停が不成立になって、もう一度、離婚調停をする場合はしっかりと知識を身につけておきましょう

 

また、離婚条件も見直す必要があります

 

この離婚調停の知識に関しては、本では実践的な知識は身につきません

 

本は基礎的な知識しか書いていないので、離婚調停中の実践的な内容には触れられていません

 

そこで、離婚エキスパートの澁川良幸さんが書いた離婚調停を有利に進める情報です

 

今現在、離婚調停中、もしくは、今から離婚調停をしようと思っている人は1度読む事をすすめます

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

 

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚調停が不成立になった場合関連エントリー