陳述書の書き方について

陳述書の書き方のこと

離婚調停で調停委員にわかりやすく話す必用があります

 

しかし、緊張して言葉がなかなか出てこない事もあるでしょう

 

そんな時に役立つのが陳述書です

 

陳述書には詳しい経緯や内容を書いておくといいです

 

陳述書の書き方のポイント

 

・結婚までの経緯

 

・離婚まで発展した問題

 

・現在の生活や経済状況を書く

 

・今現在の自分の気持ち(離婚への覚悟など)

 

・離婚条件

 

陳述書で注意したい点

 

・時系列で書くこと

 

・事実と異なることは絶対に書かない

 

・簡潔にわかりやすくまとめる事

 

・相手からの暴力などは、詳細に書く

 

これくらいを気をつければ問題ないです

 

このように、重要な事をしっかりと書いておけば、言い忘れたりする事もありません

 

離婚調停では、調停員にしっかりと離婚の原因などをしっかりと状況説明しなければなりません

 

せっかく自分に有利な情報があるのにそれを調停員に伝える事ができなければ意味がないのです

 

相手に伝える事ができて初めて意味が出るんです

 

離婚までの経緯などをしっかりと調停員に伝える事ができれば

 

親権や慰謝料などを自分に有利な方向に持っていく事ができます

 

しかし、実際に離婚調停をしてみるとわかるのですが

 

独特の空気や第三者に伝えるという事の難しさがわかります

 

また、離婚についても法律もよく知らない人が多いので、自分を有利に進める事ができません

 

本来であれば、離婚に詳しい弁護士などを雇うのが1番ベストな選択ですが

 

お金の問題があり弁護士を雇えないという事も多いです

 

ではどうすれば、離婚調停になった時に自分を有利に戦う事ができるのか?

 

それは、実践的な知識を身につける事です

 

本屋で売っている離婚の本では基礎知識しか書いていません

 

実践的な情報、「こうゆう場合はこうする」といった情報は書いていません

 

そんな中、離婚エキスパートの澁川良幸さんが書いた離婚調停を有利に進める情報を紹介します

 

今現在、離婚調停中、もしくは、今から離婚調停をしようと思っている人は1度読む事をすすめます

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

 

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

陳述書の書き方関連エントリー