離婚の話し合いが決裂したらどうする?について詳しく紹介します

離婚の話し合いが決裂したらどうするのでしょうか?

夫婦での話し合いが決裂した場合は、家庭裁判所に離婚調停を申し込みます

 

離婚調停は家庭裁判所の調停委員を通して夫婦が間接的に話し合います

 

調停自体はそんなに法的な知識がなくてもできますので、素人の私達でも問題なくできます

 

しかし、離婚調停は万能ではありません

 

例えば、相手が出廷しない場合は成立しません

 

また、調停は月に1回ぐらいの回数でやるため、解決には半年から1年ぐらいかかるので時間がかかります

 

今すぐ離婚したい!そんな人には時間がかかりすぎるのが離婚調停です

 

ですが、話し合いがこじれて離婚の話し合いがまとまらない、相手が冷静に話し合ってくれない

 

このような場合は離婚調停は凄く有利です

 

ですが、流離調停は第三者(離婚調停員)に話しをして自分に有利な内容に持っていかなければなりません

 

相手も自分に有利になるように話してきますから、ポイントをしっかり抑えて準備して話しをしていかなければなりません

 

弁護士を雇わず、1人で離婚調停をして有利な内容にするにはちょっとむずかしいですね

 

本屋に売っている離婚の本は基礎知識だけしか書いていますから

 

実践的な部分、こういう離婚理由ならこう話す等の具体的な内容は書いていません

 

だからといって、弁護士を雇おうにもお金が大きくかかってしまうので躊躇してしまうケースが多いです

 

相手が、弁護士を雇った場合、こちら側はかなり不利な状況になってしまう可能性が高いですね

 

相手は、法律に詳しく、離婚に強い弁護士を雇ったら親権や慰謝料など様々な事が不利になってきます

 

では、どうやって実践的な情報を正しく身につける事ができるのか?

 

それは、離婚のエキスパートである、澁川良幸さんが離婚調停を有利に進める実践的な情報を紹介しています

 

弁護士を使わず、圧倒的有利に離婚調停を進めていく情報は圧倒です

 

もし、離婚調停になりそう、離婚調停をしてるけど不利な状況になっている

 

このような事で悩んでいるのであれば1度読んでみてください

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

 

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚の話し合いが決裂したらどうする?関連エントリー