離婚調停を申し立てる方法について

離婚調停を申し立てる方法のこと

離婚調停を申し立てるにはどうすればいいのでしょうか?

 

それにはまず、夫婦関係調停申立書に必用書類を添付して提出します

 

その書類に、親権者の指定や、養育費、財産分与、慰謝料などの希望金額を記入します

 

申し立ての実情欄には離婚を決意するまでの簡単な経緯や事情を書きます

 

申し立てる裁判書は相手方の住所の管轄の家庭裁判所に申し立てます

 

住所とは実際に生活している場所です、住民票に書いてある住所ではないので注意してください

 

また、家庭裁判所の場所を変えたいのなら、お互いに合意して、管轄合意書を家庭裁判所に提出します

 

離婚調停の申し立ての手続き

 

1:申立書の用紙をもらう
(家庭裁判所でもらえます)

 

2:必用事項を記入する

 

3:必用な添付書類を集めます

 

4:管轄の管轄のに手続きをする

 

大まかな流れはこんな感じです

 

後は実際に離婚調停を進めていくだけです

 

ですが、離婚調停は、離婚調停員がお互いの話を聞いて、親権や慰謝料などをこうすればいいよとアドバイスしてくるので

 

この説明や証拠などをしっかりと固めていかないと、不利な状況になってしまいます

 

1番いいのが、離婚に詳しい弁護士を雇うのがいいですが、弁護士費用が非常に高額ですから

 

弁護士を雇うのは難しいでしょう

 

離婚調停の結果によって、親権や慰謝料で不利な条件を飲む事になるかもしれません

 

正しい知識、実践で使えるポイントをしっかりと頭に叩き込んでおかないと離婚調停で負けてしまう事があります

 

ではどうやって離婚調停に有利な情報を知る事ができるのでしょうか

 

離婚調停したブログを読んだり、本屋にある離婚の本を読む

 

これぐらいしか情報を集める方法はないでしょう

 

しかし、離婚調停での理由や条件は人それぞれですから、必ずしも自分に合うわけではありません

 

また、本屋に売っている離婚の本も基礎的な知識しか書いてないのであまり実践では使えないものばかりです

 

澁川良幸さんという離婚のエキスパートがどんな離婚理由でも離婚調停を有利に進めるポイントを紹介しています

 

無駄な基礎知識はなく、実践的でわかりやすく紹介していますから

 

離婚調停を考えている

 

今現在、離婚調停中だ

 

という人は読んでみる価値はありますよ

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

 

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚調停を申し立てる方法関連エントリー