離婚届の用紙は多めに用意しましょうについて

離婚届の用紙は多めに用意しましょうよ

離婚届は名前と印鑑だけ押せばいいと思っていませんか?

 

意外と離婚届の書き間違いが多いです

 

離婚という事実がリアルに感じるので、手が震えたり、書き間違いをしてしまうものです

 

そのため、余分に離婚届の用紙をもらってきましょう

 

特に多いのが、省略して住所や本籍地を書いてしまうことです

 

現住所や本籍地は省略せずに確実に書きましょう

 

また、協議離婚が成立して離婚届を提出する場合は証人が2人必用になります

 

証人は20歳以上の成人であれば誰でも大丈夫です

 

離婚届を書く時に緊張して、間違えるはずがない事も間違えてしまう事もあるので、用紙を余分に用意しておきましょう

 

この離婚届けを役所に提出するだけで、長かった結婚生活に終わりを打つ事ができます

 

離婚後の生活に不安を持ったり、本当に離婚したほうが良かったのか?

 

という疑問も出てくる場合もあります

 

しかし、多くの人は離婚して良かったという事を話してくれます

 

離婚した後は、新しい生活、人生が始まります

 

もしかしたら、数年後には素敵な人と出会いまた結婚するかもしれません

 

その時は最初の離婚の事を考えて、何が駄目で離婚したのか?

 

というのを考えると、離婚しないようになるかもしれません

 

1回離婚すると、次の結婚も離婚しやすいというデータもあります

 

なぜなら、どうせ1回離婚してるに2回離婚しても変わらないという考えから少し嫌な事があると離婚してしまうという悪い癖がついてしまいます

 

このような考えにならないように、離婚の回数が多いとなにか性格に問題があるのでは?

 

と相手に思われて、異性と付き合う事も難しくなりますからね

 

なにはともあれ、離婚後の生活を頑張ってください

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚届の用紙は多めに用意しましょう関連エントリー