離婚裁判の進行について

離婚裁判の進行のこと

家庭裁判所に離婚裁判を申し立てた後に第一回目の日が記載された呼出状が夫婦二人に届きます

 

さらに、離婚裁判を起こされた相手は、「答弁書」の提出をしなければなりませ

 

この答弁書を提出しないと、相手の主張を全面的に認めた事になってしまいます

 

さらに、面倒くさい、仕事が忙しい等の理由で呼出に応じない場合は、原告側の勝訴になってしまいます

 

ですが、「弁護士に委任」している場合は本人が出廷する必用がなくなります

 

裁判の殆んどは弁護士に任せて進める事ができます

 

本人が出廷しなければならないのは、「本人尋問」の時は本人が出廷する必用があります

 

それ意外の時は弁護士があなたの代わりに出廷すればいいだけです

 

基本的に離婚裁判の時は弁護士を雇うので、実際にあなたが裁判所に行く回数は少ないです

 

ただ、離婚裁判で弁護士を雇うというのはお金がかかります

 

当然ですが、数十万という所ですね

 

高い場合は100万以上も取られるケースもあります

 

この辺は弁護士によって料金が違うので、良心的な弁護士は料金が安いですが

 

ある程度、ビジネスとして割り切っている弁護士の場合はそれなりの料金は覚悟してください

 

この弁護士費用の問題で、一般人が離婚裁判まで行くケースは稀です

 

有名人やお金がある資産家の人が離婚する場合は、やはり慰謝料や財産分与でもめるケースが多いので離婚裁判まで行く事が多いです

 

お金がある人は弁護士の数十万はなんとも思わないので離婚裁判をする事ができますが

 

普通の一般家庭の場合は離婚裁判をする事をためらいます

 

ちょっと話がそれましたが、離婚裁判の進行については最初のほうに書きましたが

 

弁護士に依頼すれば殆んど弁護士が裁判所に行ってやってきてくれます

 

そのため、自分は「本人尋問」の時だけ出廷すればいいのでそれほど何度も裁判所に行く事はないです

 

しかし、弁護士が離婚について詳しいかどうかが離婚裁判で勝てるかどうか関わってきます

 

ですから、弁護士を雇う場合は少し料金が高くても離婚について詳しい弁護士に依頼するといいでしょう

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚裁判の進行関連エントリー