離婚調停はどのように進行する?について

離婚調停はどのように進行するのでしょうか?

離婚調停では夫婦は顔を会わせる事はありません

 

さらに、調停委員との話し合いも、交互にしますので顔を会わせて話す事はないのです

 

こうする事で感情的にならずに話せますよね

 

相手がDVをしていたら、その人の目の前で話すのは怖いのは想像できます

 

最初の調停では、お互いの意見を聞くために、一人ずつ調停室に呼ばれます

 

1人当たりの時間は40分ぐらいです

 

この時に話す内容をメモに書いておくと、スムーズに話せると思います

 

調停は月に1回、解決まで平均で半年〜1年ぐらいかかります

 

調停委員と話す時の注意点

 

・嘘を言わずに正直に話す事

 

・調停委員の話しを遮る事がないように、調停委員が話し終わるまでしっかりと聞く事

 

・感情的になって話さない事

 

・わからない事があった場合はその場で聞く事

 

離婚調停員と話す時はこのような事に気をつけて話すといいでしょう

 

感情的に話してしまうと、調停員からの印象も悪くなりますし、あなたのその感情的な話し方が原因で離婚になったと思われる可能性もありますからね

 

離婚調停員は双方の話しを、客観的に聞いて判断を下します

 

そのため、感情的に話しても意味がないのです

 

必要な情報をしっかりと伝える

 

これが離婚調停で勝つための秘訣です

 

自分に有利に進める為には必要な情報というのがあります

 

離婚の原因が、DVだったり浮気だった場合はその証拠となる物を用意したり

 

自分の意思が離婚で固まっているという事を示したりする必要があります

 

親権が欲しいのであれば、経済的にも子供を育てられる環境である事をアピールする事もできるでしょう

 

でも、離婚調停員が初めての場合ですと、やはり緊張や不安から上手く離せない事もありますし

 

相手が離婚問題に詳しい弁護士をつけてきたら、さらに不利な状況になるかもしれません

 

そんな時に必要なのが、実践的な知識です

 

離婚の基礎知識は離婚調停の場では使えません

 

「こういう時にこうする」といった実践的な使える知識が絶対に必要になってきます

 

そこで

 

離婚エキスパートの澁川良幸さんが書いた離婚調停を有利に進める情報を紹介します

 

今現在、離婚調停中、もしくは、今から離婚調停をしようと思っている人は1度読む事をすすめます

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

 

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚調停はどのように進行する?関連エントリー