離婚調停の出廷に備えてやるべきことについて

離婚調停の出廷に備えてやるべきこととは

調停の申し立てが受理されたら、調停日の指定と呼出状が申立人と相手に送られます

 

調停は原則、本人の出廷しなければなりません

 

当日になって慌てないように、事前に必用な書類(浮気の証拠や伝えたい事を書いたメモ)を用意するいいでしょう

 

調停をする日は遅れないように気をつけましょう

 

調停の終わるまでの平均時間は2時間です

 

服装は清潔感のある服装にしましょ

 

服装で結果が変わる訳ではありませんが、やは家庭裁判所に入る訳ですから派手な格好は控えましょう

 

離婚調停に持参する物

 

・呼出状

 

・メモ帳や筆記用具

 

・資料など

 

このような事を用意するといいでしょう

 

初めての離婚調停はすごく緊張すると思いますが、自分に有利に勧められるように

 

ある程度、調停員に話す内容をしっかりと固めておきましょう

 

双方の話しを聞いて、調停員が妥協点などを探りそれを提案してきます

 

つまり、調停員にどう自分に有利になるような情報を伝えていくのかが重要になります

 

もちろん、嘘はいけませんよ

 

しっかりと証拠を提出したり、説得力のある離婚の原因を話す必要があります

 

とは言っても、初めての経験ですから、なにをどうやって話せばいいのか

 

自分に有利な展開にするにはどうすればいいのか

 

わからない事ばかりで不安になりますよね、そういう場合は知識を身につける事です

 

知識を身につける事で、不安や恐怖心から強くなる事ができます

 

どうやって離婚調停に関する知識を身につけるのか

 

多くの人は、本屋で離婚に関する本を買って読むと答えますが、本屋に売っているのは基礎知識ばかりで

 

実践的な情報はありません、あなたに必要なのは「こういう時はこうする」といった実践的な情報です

 

その実践的な情報を紹介しているのが、離婚エキスパートの澁川良幸さんが書いた離婚調停を有利に進める情報です

 

今現在、離婚調停中、もしくは、今から離婚調停をしようと思っている人は1度読む事をすすめます

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

 

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚調停の出廷に備えてやるべきこと関連エントリー