離婚調停が終わった場合について

離婚調停が終わった場合のこと

離婚調停が順調に進んでいき、お互いが合意すると

 

最後には、夫婦二人そろって、裁判官が読み上げる調停条項を聞きます

 

この調停条項の内容は二人が合意した約束ごとです

 

この内容をまとめたのが「調停証書」になります

 

調停証書には法的な効果がありますので、内容に間違った部分があればその場で訂正してもらいましょう

 

承認した後では訂正はできません

 

そのため、裁判官が読むのをしっかり聞きます

 

調停証書が作成されれば、調停が終わった事になります

 

また、調停終了から10日以内に離婚届を必ず提出するのを忘れずにして下さい

 

離婚届けを提出すれば、離婚は成立という事になります

 

いよいよ、第二の人生の始まりです

 

離婚調停中は色々と大変な事があったと思います、離婚するさいにある程度の妥協もしたと思います

 

しかし、もう終わったのです

 

もう少し慰謝料が欲しかった等、色々あると思いますが、それで決まってしまったのであれば納得するしかないです

 

次の人生に向けて頑張るしかないですね

 

離婚成立した後に1番悩む部分は、経済的な部分でしょう

 

離婚を躊躇する悩みも経済的な部分です

 

生きていく上では、お金は無くてはならないものですから悩むのは当然の事です

 

そのため、離婚する前にしっかりと貯金しておく事、そして仕事を見つけておく事です

 

また結婚中は資格を取り就職しやすくするという事も考えておきましょう

 

今は熟年離婚が多くなっています、子供が独立して離婚という形が多いですね

 

今は、年金も財産分与に入りますから、夫の年金の半分は妻のものになります

 

そのため、夫が定年退職をしたら離婚を切り出すケースが増えています

 

この場合は話し合いでは決まらない事が多いので、離婚調停になる事が多いです

 

当然ですが、離婚調停を有利に進める為には実践的な知識が必要になります

 

本屋に売っている離婚の本では、基礎的な知識しか書いていませんから

 

離婚調停という実践では使えないのです

 

そこで、離婚エキスパートの澁川良幸さんが書いた離婚調停を有利に進める情報です

 

今現在、離婚調停中、もしくは、今から離婚調停をしようと思っている人は1度読む事をすすめます

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

 

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚調停が終わった場合関連エントリー