離婚裁判をするには条件がありますについて

離婚裁判をするには条件がありますよ

離婚裁判を起こすには、離婚原因が必用です

 

また、離婚の直接の原因を作った側が裁判を起こすことはできません

 

離婚裁判で勝つためには、証拠などを提出するのが一番効果的です

 

証拠があれば、言った言わない、やったやらない という不毛の議論から抜け出す事ができます

 

離婚裁判は1人ではできません、弁護士が必用になってきます

 

裁判は法的な知識が必用になってきますので、お金がないからと弁護士を雇わない事は止めましょう

 

弁護士とよく相談して、裁判での作戦を考えていきましょう

 

離婚裁判を起こす条件

 

離婚裁判はどんな離婚原因でも裁判を起こす事はできません

 

民法が定める離婚理由が必用です

 

・浮気や不倫

 

・配偶者からの悪意の遺棄

 

・配偶者の生死が3年以上不明の場合

 

・配偶者が治る見込みのない精神疾患の場合

 

・結婚を継続しがたい重大な理由がある場合

 

離婚裁判のデメリット

 

・自分に有利な判決がでるとは限らない

 

・裁判は一般の人にも公開されるのでプライバシーを知られる

 

・弁護士費用

 

・自分に不利な話も聞かないと駄目なので、精神的に辛い

 

・判決が出るまで時間がかかる

 

 

このように、離婚裁判には色々とデメリット・メリットがあります

 

1番大きいデメリットは、お金の問題と判決まで時間がかかるという点でしょう

 

ですから、離婚裁判をするケースは少ないです

 

多くの場合は、お互いの話し合いで離婚したり、離婚調停をして離婚したりするケースが多いです

 

離婚調停で決着が付かない場合、離婚裁判を行うケースが多いですが、弁護士がかさみ、経済的に苦しくなるケースも珍しくありません

 

ですので、普通の家庭の離婚ですと離婚裁判は行わず

 

離婚調停か話し合いで離婚するかどうか決める事がいいでしょう

 

離婚調停であれば弁護士も必要ありませんし、費用も安いです

 

費用は、印紙代900円、切手代約800円しかかからないので非常に安く離婚調停を申し込む事ができます

 

しかし、離婚調停にもコツがあります

 

離婚調停は第三者(調停員)がお互いの話しを聞いて、慰謝料や財産分与、親権などを決めていきます

 

それに納得できれば離婚となりますが

 

少しでも自分に有利に進めたいと思うのは誰でも同じのはずです

 

そこで、離婚調停に関する実践的な情報を紹介します

 

この情報は、離婚エキスパートの澁川良幸さんが書いた離婚調停を有利に進める情報です

 

今現在、離婚調停中、もしくは、今から離婚調停をしようと思っている人は1度読む事をすすめます

 


→ 離婚調停を圧倒的に有利に進める成功マニュアル クリックで見れます

 

 

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

離婚裁判をするには条件があります関連エントリー