年金分割の手続きについて

年金分割の手続きのこと

財産分与の一部として、夫の年金から分割した取り分は離婚後に請求しなければ振り込まれません

 

年金分割をするには、「標準報酬改定請求書」に前夫の署名捺印は必用ありません

 

しかし、標準報酬改定請求書には基礎年金番号や婚姻期間中の資格記録を書く必要がありますので、前の夫から聞いて下さい

 

さらに、婚姻期間を証明する書類、年金分割の割合を定めた離婚協議書や公正証書などの割合を決めた書類を一緒に提出する必用があります

 

わからない場合は近くの年金事務所に聞いてください

 

年金分割の請求は離婚から2年以内にしないと、請求できないので忘れずにしてください

 

つまり、離婚してから2年を過ぎてしまうと請求できないという事です

 

離婚後の生活に大きな影響を与える、年金ですが

 

これが貰えるのと貰えないのでは生活が大きく変わってきます

 

熟年離婚が多くなっている昨今、夫の年金の事を考えて離婚するケースが多くなっています

 

夫の年金の半分を貰えるというのは大きな事ですから、しっかりと計画的に離婚の手続きを進めてください

 

そして、離婚する場合は経済的に余裕がある程度ある時にするといいでしょう

 

もちろん、DVを受けている等の場合はすぐに離婚したほうがいいですが

 

それ意外であれば、1年ぐらい余裕を持ってから離婚を進めてください

 

その間に、仕事や住む場所を見つけたりすれば、離婚後、慌ただしく動き回る必要がなくなりますからね

 

離婚後の生活の安定の為にも、年金分割の手続きは忘れずに行いましょう

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

年金分割の手続き関連エントリー