子供の氏を変えられない場合について詳しく紹介します

子供の氏を変えられない場合とは

子供が15歳以上の場合は、氏の変更は子供が決められます

 

また、提出も本人が申請します

 

ですので、親が勝手に変える事はできないのです

 

15歳以上だと本人に責任があると判断されますので、意思決定は本人が決める事になります

 

親が勝手に氏の変更はできないので覚えておきましょう

 

では、15歳未満の場合は、法定代理人が子供の変わりに手続きを代理します

 

多くの場合は、認められる事が多いです

 

父親が親権を取る事ができれば、氏の変更は考えなくてもいいですが

 

母親が親権をとった場合、子供の氏の変更をする事になります

 

しかし、母親も結婚前の氏に戻すかどうかにより、子供の氏の変更するかどうかも変わってきます

 

離婚して、母親が

 

結婚前の氏に戻す場合は、子供の氏も変更したほうがいいでしょう

 

結婚後の氏のままにする場合は、子供の氏も変更せずにそのままでいいでしょう

 

このように、ケース・バイ・ケースによって子供の氏の変更が必要かどうかが変わってきます

 

多くの場合は、結婚前の氏に戻す女性が多いです

 

やはり、気分的にも、結婚前の氏に戻す女性が多いですね

 

中には、名義変更の手続きが面倒だからという理由で、離婚した後も結婚後の夫の氏のままの女性もいます

 

どちらにするかは、個人の選択の自由になります

 

子供の氏の変更は、家庭裁判所で行います

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

子供の氏を変えられない場合関連エントリー