熟年離婚は不倫・不貞行為の原因が多いについて

熟年離婚は不倫・不貞行為の原因が多いこと

熟年離婚の中には、相手の不倫や不貞行為を原因とするものもあります。

 

今まで支えあって生きてきたつもりが、この不倫・貞操行為で一気に崩れてしまうこともあります。

 

裏切られた気持ちだけでなく、相手への信頼も無くなってしまいますよね。

 

こんな時、「これ以上、相手と一緒にいても仕方がない。」と思って、離婚に踏み切る方もいます。

 

ただ、小さい子供がいたりすると、嫌々ながらも夫婦生活を続けることもあるかも知れませんね。

 

でも、こんな方でも、子供が自立する年になってしまえば、熟年離婚を考える可能性があります。

 

とは言え、嫌々の夫婦生活は、離婚までかなりのストレスになるでしょうね。

 

毎日、相手の許しがたい行為が、気になってしまいますからね。

 

ちなみに、不倫や貞操行為による熟年離婚では、配偶者だけでなく、その不倫相手に慰謝料を請求できることがあります。

 

裏切られた側の辛い気持ちを考えると、慰謝料は当然のことでしょう。

 

この場合は、とにかく証拠をきちんと集めて、裁判で有利になるように頑張りましょう。

 

また、「不倫や貞操行為で、離婚までしなくても。」と思う方でも、夫婦と言う形だけにこだわっているのであれば、熟年離婚した方が良いかも知れませんよ。

 

お互いに愛情が無いのに、今後の夫婦生活が楽しめるとは思えません。

 

裏切られた気持ちを持ちながら夫婦生活を続けるよりは、新しい生活に踏み切る方が、楽しめるかも知れませんよ。

 

しかし、不倫や貞操行為は、配偶者や家族にとって、本当に不愉快なものですよね。

 

不倫や貞操行為に走る側も、家庭を壊す覚悟が無ければ、そんなことはすべきではないですよね。

 

裏切られた側も、こんな人から貰えるものは、きっちり貰いましょう。

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

熟年離婚は不倫・不貞行為の原因が多い関連エントリー